業者に出張査定に来てもらうのは無料のことが多いですし、持ち込みに時間をとられないので利用できれば便利です。


ただし、一対一の交渉が苦手な方は店舗に直接車を持ち込んだ方がよりよいと思ってください。


予約しなくても受けられますし、短時間で終わりますので、複数の店舗に持ち込むのがベストです。


買取代金振り込みのトラブルも時々耳にしますので、できるだけ現金取引に持ち込んでください。


車を手放そうという時には大抵、買い取ってもらうか下取りに出すかするでしょう。


では、どちらのサービスがより良いでしょうか。


高く売りたい場合は、買取を選びましょう。


買取と下取りでは査定で見る項目が全然違い、買取の査定の方が価値を高く見る方法を採っています。


下取りだと見てもらえない部分が買取では評価されたりもします。


妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。


他メーカーの車でもOKというので下取りしてもらい、初めての買い換えで舞い上がっていたせいもあり、ただの購入と違って買い替えなら、下取りもしてもらえてラクトクだなとさえ思い、見積書の合計だけを見て交渉なしで決めました。


その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、先週の週末にでも中古業者の買取査定を受けていたら、もっと違ったのかもしれないと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。


印鑑証明がなければ車を買取に出すことはできません。


取引には実印を使うので、実印登録している市役所、ないし出先機関に赴いて、2通入手しておきましょう。


近年ではコンビニなどで発行できる場合もありますし、役所によっては自動の機械ですぐに発行できる場合もあります。


気を付けて頂きたいのは、証明書は新しいもの、具体的には一ヶ月以内に発行したものを用いることです。


取得から日数が過ぎた証明書では効果がありません。