子供が生まれました。


そこで思い切ってミニバンに乗り換えようと思っています。


購入費用の足しにするために、所有者が妻のムーブを査定してもらう予定だったのですが、だいぶ長く乗っていたもので(10年以上です)、お金になるのかどうか心配もありました。


ですが、一括で査定を依頼できる一括査定サイトを利用することで複数業者に見積もりをお願いしました。


そして、現物を査定に来てもらうと約20万円の査定額で買い取って頂けたので、喜んでいます。


車を売ろうと思っていて車買取業者で査定し、売買することが決まり契約した後に減額請求がなされてしまうことも起こり得ます。


ちょっと待ってください、精査すると欠陥があったので買取価格を減らすとなっても、応じなくてよいです。


その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、そうでなければ断固減額を拒むか、契約を白紙に戻しましょう。


中古車査定を実際に行う流れとしては、車を中古車買取業者やディーラーの店舗まで運んだうえで現物査定してもらいます。


できれば、売却するまでに、何社かの査定を受ける事が望ましいです。


尤も、概算価格を予め教えてもらえれば無駄が無くスマートですね。


メールオンリーでの連絡が可能な業者を調べてみたら、実は結構ありました。


無料ですからメールで査定を進めることをオススメします。


愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂を時折耳にします。


車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。


取引中、売買契約書にサインする直前までに、減額するときがある、と説明されていたかどうか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどでこちらが取れる対応は変わります。


ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。