話題:死刑制度について



先月6日に死刑が執行されたオウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚ら7人の死刑執行に関する文書の一部が開示された。文書のほとんどは黒塗りにされていて、遺言の内容などは明らかにされなかった。
日本テレビの請求で法務省が開示したのは、先月6日に死刑が執行された松本智津夫元死刑囚を含むオウム真理教の元幹部ら7人について、執行当日に作成された「死刑執行速報」と、後日作成された「追報告」。執行状況や遺言の内容など文書のほとんどが黒塗りになっているが、この理由について法務省は「公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼす恐れがあるため」などと説明している。
松本元死刑囚の「本人の刑に対する心情、遺言等」の欄は、他の元死刑囚らの数倍の分量がある。松本元死刑囚は死刑執行の直前に遺体の引き渡し先について問われると、「ちょっと待って」と言って少し黙った後、「四女」と答えたとされていて、こうしたやりとりが書かれているとみられる。


松本智津夫死刑囚が正気だとわかる一場面(笑)