話題:在日外国人



韓国の市民団体が6日、都内で会見し、第2次世界大戦中に徴用され日本で死亡した朝鮮半島出身者の遺骨を韓国や北朝鮮に帰すべきだと訴えた。
韓国の民族和解協力汎国民協議会・金弘傑代表は先月、北朝鮮を訪問。徴用され日本で死亡した朝鮮半島出身者について、遺骨を朝鮮半島に帰すため北朝鮮の団体と協力することで合意した。
金代表は6日、都内で会見し、遺骨を帰す事業を進めるため日本側に協力を求めた。
韓国側・金弘傑代表「人道主義の観点から(日本・韓国・北朝鮮が)共同事業を行ってお互いの理解・信頼を築くことができる」
金代表は初の南北首脳会談を行った金大中元大統領の三男で、先月訪朝した際、北朝鮮側は日本との関係改善に前向きな態度を示したという。
韓国側・金弘傑代表「(北朝鮮側は)『日朝関係改善の意志がいくらでもあり、日本とけんかしようとしたことはない』(と言った)」
厚生労働省によると、朝鮮半島出身の徴用工などとみられる遺骨は全国におよそ1000人分が確認されているという。


遺骨だけでなく

生存者も返還を求めないのは

何故?(笑)