話題:安倍政権を支持します



施政方針演説に対する代表質問は25日、2日目を迎えた。公明党の井上幹事長は、自衛隊の巡航ミサイルの導入について専守防衛の方針に変わりはないのか、安倍首相にただした。
専守防衛は変わらないのか、巡航ミサイルの導入について、身内の公明党からもクギを刺された。
公明党・井上幹事長「(巡航ミサイルなどの導入に対し)周辺諸国からの反発や一部に敵基地攻撃が可能になるのではないかとの指摘があります。これまでの基本的な方針である「専守防衛」や、日米の役割分担という考え方に変わりないことを改めて確認しておきたいと思います」
これに対して安倍首相は、「専守防衛は、憲法の精神にのっとったものであり、我が国防衛の大前提で今後ともいささかの変更もない」と強調した。さらに、「敵基地攻撃については、アメリカの打撃力に依存していて、日米間の基本的な役割分担を変更することは考えていない」と述べた。
一方、井上幹事長は、焦点の憲法改正にはあえて触れなかった。衆議院本会議ではこの後「無所属の会」所属の民進党・岡田元代表が質問に立ち、安倍首相の政治姿勢は正直でなく無責任だとして厳しく追及する予定。

自国の防衛を

周辺諸国の反対があるからといって蔑ろにしてよいのか?

周辺諸国が親日国だらけなら

別に(笑)


政治家は選挙においてのみ責任を果たす(笑)

不倫しようがしまいが

当選したらみそぎが済んだ
らしい(笑)

ガソリンプリペイド問題も済んだ
らしい(笑)

民主党時代の言動は
立憲民主党の今では関係ない
らしい(笑)