話題:食中毒



 群馬県や埼玉県の総菜店で商品を食べた客が相次いでO157に感染し、1人が死亡した問題で、総菜店への立ち入り検査が行われた。
 この問題は先月、埼玉県や群馬県にある総菜店「でりしゃす」の商品を食べた客からO157が検出され、3歳の女の子が死亡したもので、群馬県高崎市は15日、市内の「でりしゃす」に立ち入り検査に入った。
 また、亡くなった女の子が総菜を食べた「でりしゃす六供店」では、当初、店長が市に対し「衛生管理のマニュアルはない」と説明していたことが前橋市などへの取材で新たに分かった。
 その後、市が改めて確認したところ、マニュアルは見つかったが、パソコンの中に保管された状態だったという。
 群馬県は引き続き感染源の特定を進めている。

パソコンにのみ存在する場合

(ペーパーとしての)マニュアルは存在しない

文科省や防衛省で前例あり(笑)

それとも
皆が見られるものはない

ということかな(笑)

感染源は

全てのトングに触れた人物がいるはず(笑)