話題:食中毒



 群馬や埼玉で総菜店のポテトサラダを食べた客がO−157に感染した問題で、同じ総菜店で買った別のサラダ類を食べた客からも菌が検出されたことがわかった。
 群馬県の前橋市保健所によると、今月11日に市内の「でりしゃす六供店」で買ったコールスローやセロリのマリネなど別のサラダ類を食べた客5人から、腸管出血性大腸菌O−157が新たに検出された。
 保健所が調べたところ、この店では、複数のサラダで総菜をよそうトングを使い回していたことなども判明し、「店の衛生管理に問題がある」として、3日間の営業停止を命じた。
 一連のO−157の感染はこれで20人に拡大したが、ポテトサラダ以外でも感染者が出たことで、群馬と埼玉の「でりしゃす」系列の各店舗に問題があった可能性が出ている。

バイオテロの可能性も視野に

あらゆる可能性を排除しない
ということで