話題:経済



 東芝が半導体事業を分社化して設立した新会社の売却をめぐる問題で、東芝と提携しているアメリカのウエスタンデジタルが「分社化」そのものが契約違反だと抗議していることから、売却先選定の作業が遅れていることがわかった。
 ウエスタンデジタルは、半導体新会社の入札に参加しているものの、買収金額が他の陣営より低く不利なため、「分社化」そのものが契約違反だと主張することで交渉を有利に進める狙いがあるとみられる。
 また、東芝が金融機関に半導体新会社の株を担保として差し出すとしていることも違反だと訴えているもよう。
 一方、同じく入札に参加している台湾のホンハイ精密工業は、日本政府が中国などへの技術流出に反対していることから、アメリカのアップルと組むことや日本のソフトバンクから支援を得ることをアピールするなど、各陣営の動きが活発になっている。

東芝と提携していたのに
稼ぎ頭の半導体部門を売り飛ばされたら
残りかすと提携する価値無し
と抗議するのは当然である
さて問題は

ソフトバンクは日本の企業ではないこと
一応ワールドワイド企業(笑)