話題:経済



 流通大手イオンの岡田社長は12日の決算会見で、「脱デフレは大いなるイリュージョンだった」と述べ、消費の厳しい現状を指摘した。
 イオンの2月までの1年間の決算は、本業のもうけを示す営業利益が前の年度に比べて4.4%増え、1847億円となった。
 一方、岡田社長は、これまでの経営方針には課題もあったと指摘した。
 イオン・岡田元也社長「“脱デフレ”というのは大いなるイリュージョン(幻想)だったと思いますが、これをきちんと見抜いて対処することに著しく欠けた」
 岡田社長は、消費税の増税などで値上げ圧力に屈したと指摘した上で、インターネット通販の拡大で低価格化がすすみ、消費者にも依然、節約志向があることから、今後は、ディスカウント事業に力をいれるとの考えを示した。
 傘下のスーパーでは、4月中に日用品など最大254品目を値下げする方針。

254/傘下のスーパーの品目
を知りたいものだが(笑)

1割?
1厘?
1毛?

3割はないな(笑)