話題:経済



 宅配便最大手のヤマト運輸が時間帯指定の配達の見直しを検討していることがわかった。
 これまでヤマト運輸は、6つの時間帯のなかから時間を指定して荷物の受け取りができるサービスを展開してきた。しかし、インターネット通販の拡大で荷物の取扱量が急増しているなかでドライバーの負担の軽減が喫緊の課題となっている。
 このため、例えば、正午から午後2時、午後8〜9時の時間指定を廃止することを含め配達時間の区切りの抜本的な見直しを検討しているという。
 会社側は、今年の春闘の労使交渉の場などで労働組合側に提案したうえで対応を検討していくとしている。

「時間指定」をやめれば
再配達が増えるだけ
だと思うのだが