話題:経済


英航空機エンジン大手ロールス・ロイスホールディングスが14日発表した2016年通期決算は、英国の欧州連合(EU)離脱決定で通貨ポンドが急落した想定外の事態により為替関連取引で巨額損失を出し、「記録的な赤字」(英BBC放送)に陥った。
為替のデリバティブ(金融派生商品)取引で44億ポンドの評価損を計上。インドネシアなどで贈賄を行っていた事実が発覚し、6億7100万ポンドの制裁金を支払ったことも響き、税引き前損益は46億3600万ポンド(約6550億円)の赤字(前年は1億6000万ポンドの黒字)となった。

RRの主力は自動車ではなくジェットエンジン

円安になると自動車メーカーは利益が増加するのになあと思ったら

ポンド建ての債権のせいであった