話題:食中毒




 また冷凍メンチカツが原因とみられる食中毒が起きていたことがわかった。秋田県小坂町の40代の男性が腸管出血性大腸菌O−157に感染し、入院治療を受けた。
 感染が確認されたのは秋田県小坂町のグループホームに入居する40代の男性。秋田県によると男性は先月12日、血便や発熱などの症状があり腸管出血性大腸菌O−157に感染していることがわかった。男性は先月3日にスーパーで販売されていた冷凍メンチカツを先月6日に昼食で食べていたという。
 このメンチカツは静岡県にある食品会社「米久」が販売したもので、O−157が検出されたためメンチカツとコロッケの2つの商品の自主回収を今月7日に発表した。
 製造したのは静岡県沼津市のタケフーズで、タケフーズは先月、神奈川県で起きたO−157による集団食中毒の原因とみられる別の冷凍メンチカツも製造していた。
 米久が販売した2つの商品は全国で約5万個流通していて、回収を呼びかけている。

牛肉にO157大腸菌が付着していても回収義務はない

それは
牛肉を生で食べるのがほぼ禁止され(トリミングすればOK)
加熱前提で流通しているから

牛レバーも加熱前提で流通している

さて
この冷凍メンチカツだが
当然加熱前提である

原因は
加熱不十分に他ならない

O157が付着しているのは
牛肉を使用している証ともいえる