話題:食中毒




 静岡県沼津市の食品会社が販売した冷凍食品から病原性大腸菌O−157が検出されたため、全国に流通している約5万個の商品が自主回収されることになった。
 自主回収されるのは米久が販売する「ジューシーメンチカツ」と「クリーミィーコロッケ」の2つの商品。米久によると、ジューシーメンチカツを食べた人から腹痛の訴えがあり、保健所が調べたところ、メンチカツからO−157が検出されたという。
 商品を製造し沼津市のタケフーズは、先月、神奈川県で起きたO−157による集団食中毒の原因とみられる別の冷凍メンチカツも製造していた。
 2つの商品は全国で約5万個流通しており、米久では「見つけたら食べずに連絡してほしい」と呼びかけている。

牛肉に大腸菌が付着するのは
珍しいことではない
レバサシの禁止理由である
要加熱食品がなぜ加熱不十分だったのかが問題である

ただし菌のなかには死滅しても毒素はそのままのものもあるので加熱が万能ではない