靖国神社トイレに武漢中傷の落書き 男逮捕


話題:左翼



先月、東京・靖国神社のトイレで、中国の武漢を中傷するなどの落書きが見つかった事件で、警視庁は都内に住む33歳の男を逮捕しました。
建造物損壊などの疑いで逮捕されたのは江戸川区に住む川辺将容疑者です。
警視庁によりますと、川辺容疑者は先月4日、千代田区の靖国神社の2か所のトイレで「武漢人を皆殺しにしよう」「なんで靖国神社なのに韓国語の案内出してんだバカ野郎!」などと黒のペンのようなもので落書きし、壁などを損壊した疑いがもたれています。
防犯カメラの捜査で浮上したということで、調べに対し、川辺容疑者は容疑を認め、「ネット右翼の奴らに一矢報いたかった」と供述しているということです。
警視庁は、右派的な言動を好む人物の犯行にみせかけようとしたとみて、詳しく調べています。


右翼ではないと皆思っていた(笑)

10万円振り込まれました 良かった良かった


話題:安倍政権を支持します


30万円だと自分に振り込まれないから反対した人は

全員10万円ならもっと喜びの声をあげてるはずなんだが(笑)


10万円では確かに足りないとは思うが

だからといって10万円全てを否定すべきではないはず(笑)


ちなみに

予備費の10兆円は

全員10万円の総額に非常に近いと言っておこう(笑)

韓国の医学部オンライン試験 8割超が不正


話題:隣国・韓国



新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が行われる中、韓国の大学の医学部がオンラインでテストを行ったところ、集団でカンニングをするなど、8割以上の学生が不正をしていたことが明らかになりました。
問題があったのは韓国・仁川にある仁荷大学の医学部です。大学の発表によりますと、3月と4月にオンラインで行われた基礎医学などの単位のテストで、学生の80%を超える91人が不正行為を行っていました。
韓国メディアによりますと、学生らはSNSで解答を共有したり、最大で9人が同じ場所に集まって一緒にテストを受けたりしていたということです。
不正を行った学生の大部分はテストで得点上位だったものの、大学側は全員を「0点」にし、ボランティア活動を命じました。
大学は「今後、不正行為の防止に最善を尽くす」としていて、今月末に予定しているテストは対面方式で行うということです。


不正行為は見つからなければ不正ではない

と麻雀でのイカサマの場面で見た(笑)


韓国人は信用できない

簡単に裏切る

国際条約を破る


これらは事実なので差別でもなんでもない(笑)

裁判員裁判再開 “マスク拒否”で一時休廷


話題:売国奴!



東京地方裁判所では2日、アクリル板を設置するなどの新型コロナウイルス感染対策をとった上で約3か月ぶりに裁判員裁判が開かれましたが、弁護士がマスクの着用を拒否し、裁判が一時休廷する一幕もありました。
東京地裁では、新型コロナウイルスの影響で3月11日を最後に裁判員裁判の期日を延期していましたが、緊急事態宣言の解除をうけ、2日、約3か月ぶりに開かれました。
裁判員の間にはアクリル板が設置されるなど感染対策がとられた上での再開となりましたが、被告の弁護士2人がマスクをしていなかったことから裁判長が着用を促すと、弁護士は「全力で弁護するためにマスクをすることはできない」と拒否し、一時休廷しました。
約2時間後、裁判員と弁護士の間にも追加のアクリル板を設置した上で再開され、裁判長は弁護士に「ソーシャルディスタンスを守るようにしてください」と呼びかけていました。


この弁護士に弁護士の資格は不要である


とりあえず

マスク業界に謝るべき(笑)

営業再開したパチンコ店からマスクが届く


話題:パチンコ屋

これを着用して来店してね

ということのようだ(笑)


最初アベマかと思ったら違った(笑)


ちなみに

入店する際にマスクは必須である
前の記事へ 次の記事へ