日米通商交渉に慎重=「前のめりは危険」―民進・野田氏


話題:民進党


民進党の野田佳彦幹事長は30日の記者会見で、トランプ米大統領が要求する見通しの日米2国間の通商交渉について、「安易に応じることは慎重であるべきだ。2国間協議に入ると決めるのは早計過ぎる」と述べ、政府にくぎを刺した。
野田氏は「トランプ大統領は選挙期間中に言ったことを電光石火でやろうとしている。わが国の首相もトランプ氏への評価が前のめり。前のめりの2人だけで走っていくのは危険だ」と述べた。

と後ろ向きの人

「NYタイムズは廃刊を」=米大統領が暴言ツイート


話題:トランプ大統領


「経営不振の偽ニュース、ニューヨーク・タイムズ紙は誰かが買収し、正しく経営するか、廃刊にすべきだ」。トランプ米大統領は29日、ツイッターでこうつぶやいた。自身に批判的なメディアへの攻撃をエスカレートさせた形だ。
タイムズ紙は28日の社説でシリア難民受け入れ停止を柱とする大統領令を「臆病で危険」と非難するなど、大統領への批判を連日続けている。大統領は28日も「タイムズ紙とワシントン・ポスト紙は最初から間違っているのに、方向を変えようとしない。不誠実だ」とツイートした。

「経営不振の偽ニュース、○○新聞は誰かが買収し、正しく経営するか、廃刊にすべきだ」

さて
○○に当てはまる漢字は何か?

正解は

検索検索(笑)

【朗報】「PPAP商標登録問題」が解決! 特許庁が半年前に “一部の出願人” に対する声明を発表していた!!


話題:日本の法律


「PPAP」「民進党」「北陸新幹線」など、赤の他人が商標登録を出願する問題が波紋を呼んでいる。法的問題はさておき、モラル的にいかがなものかと思わざるを得ないが、商標登録を管理する特許庁はどう考えているのだろうか?

実は特許庁も、今からさかのぼること約半年前の2016年5月に「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」という声明を発表していたのだ。それによると……大丈夫! 勝手に商標登録出願された「PPAP」もピコ太郎が歌える!! そりゃそうだ、いいぞ特許庁!!

・特許庁の声明
まずは特許庁が2016年5月17日付で発表した声明をご覧いただこう。

「最近、一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願が大量に行われています。しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願となっています。

特許庁では、このような出願については、出願の日から一定の期間は要するものの、出願の却下処分を行っています。
また、仮に出願手数料の支払いがあった場合でも、出願された商標が、出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合(商標法第3条第1項柱書)や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願や第三者の公益的なマークの出願である等の場合(同法第4条第1項各号)には、商標登録されることはありません。

したがいまして、仮にご自身の商標について、このような出願が他人からなされていたとしても、ご自身の商標登録を断念する等の対応をされることのないようご注意ください」

難解な言葉が多く、少々長い文章だがポイントは以下の通りである。

・3つのポイント
・出願された場合も、出願手数料の支払いが無い場合は却下処分となる
・仮に手数料の支払いがあった場合でも、他人が出願したものが商標登録されることはない
・上記のことから、商標登録を諦め第三者と勝手なやり取りをしないように

詳細については特許庁のホームページを確認して欲しいが、この文章に記載されている限りでは、他人による商標登録は出来ないということである。つまり、ピコ太郎さんが「PPAP」を歌えなくなる……ということはないようだ。

あたり前といえばあたり前の結果だが、今回の騒動が起きる半年も前から先手を打っていた特許庁、GJである。法律の話なので難しい文章ではあるものの、いい機会なので一度じっくりと読み込んでおくといいかもしれないぞ。

問題は

中国で
津軽や越光(こしひかり)が登録済みであること

アイホン8やアイホン9も当然登録済みである

警察学校の壁にトレーラー突っ込む 大阪


話題:事故



 30日朝、大阪・堺市で「トラックが壁に突っ込んだ」と通報があった。
 大きく曲がった大型トレーラーの運転席。衝突したのは警察学校の外壁で、ブロック塀が幅約8.5メートルにわたって崩れた。
 この事故で、48歳の男性運転手が軽傷。運転手は調べに対し、「よく覚えていない」と話しているという。

海外ならテロ認定

那覇空港でF−15立ち往生、民間機影響も


話題:事故



 沖縄の那覇空港で、航空自衛隊のF−15戦闘機が、離陸しようとした際に前輪が外れ、滑走路上に立ち往生した。このため一部の民間の航空機が離着陸できなくなるなど影響が出ている。
 国土交通省那覇空港事務所によると、30日午後1時20分ごろ、航空自衛隊那覇基地所属のF−15戦闘機が訓練のために那覇空港を離陸しようとしたところ、前輪が滑走路上で外れ、そのまま立ち往生した。戦闘機の乗員にけがはなかったが、故障したF−15を移動させる作業のため一部の民間の航空機が那覇空港に離着陸できなくなるなど影響が出ている。
 今のところ作業が終わるかめどは立っておらず、今後、那覇空港に離着陸できない便が増えるなど影響が広がる可能性がある。

沖縄なので
F15飛行禁止デモが起きるであろう

F35は最新鋭だからダメ
F4は古いからダメ

従って沖縄の空を飛べるのは日米以外の飛行機限定ですよね
県知事殿
前の記事へ 次の記事へ