行政

行政に期待する程
介護現場の人は
夢見がちではない。

長年行政から
金食い虫扱いされて
見捨てられた
そんな業界だから

現場職員が
利用者から受け続ける

程度と限度を越えた
・性的嫌がらせ
・暴力
・脅迫
の数々を

最近
行政が
初めて調査して
知ったんだってさ…

…笑えた。

つことは
職員の待遇が
本当に改善されるのは
あと二十年以上先だな笑。

こんな
法律も社会も
誰も守ってくれない
介護現場で

ファミレス的な
マニュアル的声掛やらを
すすんで取り入れたから
もう現場は
こじれまくっている…

男性客が
女性スタッフの
股ぐらを触ったら
普通は警察沙汰だが

そんなこと
介護現場では
特別
取り沙汰されない

【よくあること】だから…


ホームヘルパーが利用者から
「ベッドと壁の隙間に
ゴミが落ちたから
拾ってくれ」
と言われ
ベッドの隙間に手を入れたら
利用者が故意に
ホームヘルパーの腕を
ベッドと壁で挟んで怪我をさせた
そんな傷害事件も

【よくあること】である…


鼻血が出続けるまで殴られたら
普通は警察沙汰だが

それだって

【よくある〜話ね〜
退屈な〜話〜】

である。



「賃金が安くて
国内では
なり手が無いなら
低賃金の外国人だろ?!」

みたいな
行政の発想…

やっぱり
現場の待遇を改善する

そんな気
行政には無いってことだぁね。


だって
介護現場で
人手が足りない
本当の理由は

賃金が安いから
とか
汚い仕事だから
とか
体力がいるから
とか…

そんな
簡単な理由じゃないって

行政は
気付いてすらないから…


しかも
それを改善できるのは
【行政の力】だけなのに…。

昼寝

最近
動画でよく
【ガルネリウス】というバンドの
ライブ映像を観ている

日本が世界に誇れる
王道のヘヴィメタル系バンドで
安易なラップや
デス声に逃げないことも
好感が持てる。

演奏がテクニカルでアツく
ビジュアルもシュッとしてる

※【見た目がシュッとしてる】
とは…
関西のスラングで
【見た目が整っている】
などの意味。

二代目のシンガーが
ベテラン【小野正利】さん
そこも驚きの中堅バンド。

また観ていたら
我が家の娘が

音源に張り付いて離れない…




…気持ちいいんだろうね

っと…。

葬式

俺の部屋は
真向かいに池があり

最近では朝晩
急に冷え込んでくる。

昨晩も
遅くまで呑んで帰り

布団を敷いて
酒を飲みつつ

また習慣で
線香を焚いてたら

自然と
寝落ちしていた…



明け方前に
キンキンに冷えて
目が覚めた

危なかった…

自宅で線香焚いて
自分の葬式を
自分であげる羽目に
なりかけました…。

線香

就寝前
【お化け屋敷】で
よく線香を焚いている

お香ではなく線香

別に宗教はやってない
単に匂いが好きなだけ。


本当に
爺様みたいである

呑みながら
YouTubeを垂れ流し
ボーッとしていると

いつの間にか
フッと寝入っている。

白鼠

【RAT2】改造用の
コンデンサも買ったし
ラーメン食って
即帰宅。


先に解体して
コンデンサの容量と電圧を確認していたので

あとは
極性(+−)に注意して
ハンダ付けするだけ

その作業自体は
30分も掛からなかった
(一番大変だったのは
実は蓋開けだった…)

以前は
音が骨太にはなるが
太いだけの上に
前にも出ないし
何よりノイズもヒドイ。

今回の改造は
そんなに難しくない

市販のエフェクターは
大抵
コストダウンの為に
家電レベルの電解コンデンサ(1個五円程度)が
使われているので

ケースからバラして
それらをハンダで
オーディオグレード品
(1個60円程度)に
付け替えるだけ。

注意点は二つ

1・一度ふたを開けたら
返品交換は出来ない

2・電解コンデンサは極性(+−)があるので
間違えたら破裂する。

つまり
やるなら自己責任でお願いします。

…で
部品も交換し
また組み立て直して
演奏してみる…

音が
若干スッキリしている

あと

以前から気になっていた
雑なノイズも

何とか
【気にならない程度】
までは
収まっている。

今回の改造は成功だった。

また
スタジオに持っていこうかなぁ…。
前の記事へ 次の記事へ