DF200-220:2019/3/13

3月の四日市遠征での撮影分さいご!


さて、この日最終のセメント輸送を見送ったあたりで、少しずつ露出もダウン。

すっかり遊び倒して疲れきったこともあり、次の1本で締めくくりといたします(´Д`)

ラストを飾るのは、朝イチの5263列車mblg.tvにも充当されていた赤熊ちゃん220号機が牽いてきた、塩浜ゆき8075列車♪

朝は石油タキ18両を連れた立派な仕事ぶりでしたが、このときはちょっと短めの12両編成。

まぁそれでも、春先の割には長かったほうかなと思いますが…(^_^;)


てなわけで、このあたりでだいぶ撮影困難になってきたこともあり、この日の鉄活動は撃ち止めに。

四日市に戻ってレンタサイクルを返却したのち、近鉄特急を利用して夜には帰宅の途につきました。



今回の旅はダイヤ改正直前、滑り込みセーフでの日帰り遠征となりましたが、昨年9月の山陰迂回貨物で出逢った2機を中心に、鷲別から来た赤熊ちゃんたちと1156号機も追っかけられて、DD51の記録ともども大満足の1日となってよかったです\(^O^)/


長くなりましたが最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

DD51-857:2019/3/13

3月の四日市遠征での撮影分から!


さて、授受線での入れ換え作業を終えて末広可動橋を渡ってきた857号機ですが、ここで一旦停車して、専用線の踏切鳴動などの安全確認(´Д`)ノシ

そしてすぐに、汽笛とともに出発していきました。


他に誰もいなかったおかげでちょっと迫力のある超ローアングルで狙えたりしましたが…(^_^;)



ちなみにこのセメント輸送の専用線運用、今春のダイヤ改正からは赤熊ちゃんが所定になったようで、なにげにこのデデゴの入線は通常では見られなくなった模様(´・ω・`)

こうやって係員の方が手摺につかまって見張られている光景も、デッキのないDF200では決して実現できないもの。

訪れたのがシーズン最後ギリギリの時季になりましたが、しっかり記録しておいてよかったと思います♪

DD51-857:2019/3/13

こんばんは。


本日の『かもぶろ!』も、前記事に引き続き、3月の四日市遠征での撮影分からお送りしますm(_ _)m


さて、四日市港のセメント工場の前で入れ換え機の発車を待ってもよかったのですが、ほかに狙い目もあったのでちょろっと場所を移動(^_^;)

つっても運河の対岸、昼にも訪れた末広可動橋のたもとなんですけど…。


時刻は17時すぎの黄昏時、いよいよこの日の最終便が貨車の授受のために登場となります。


とりあえず往路は前記事のとおり、お尻だけ見送っただけにしておいて、本チャンは復路の四日市駅ゆきのほう!

若番の更新色ながらスノープロウが素敵な857号機が、運用どおりにこの時間にも通過…。


支柱が聳える鉄橋を渡って、こちらに向かってきましたねー(´‐`)

黒いタンクを追っかけて:2019/3/13








追っかけてるうちに、




いつのまにかもう、




黄昏時になっちゃってましたね…。






(太平洋セメント専用線・四日市駅〜四日市港)







太平洋セメントDD511&DD452:2019/3/13

3月の四日市遠征での撮影分から!


さて、デデゴ1156号機が牽く174列車を海山道まで先回りしてお見送りmblg.tvしたあとは、ぼちぼち今回の鉄活動の締めくくりの場所へ…(´‐`)



…とそのついでに、ちょっと寄りたい場所があったので、もうちょい足を伸ばしてこんなポイントまで。



太平洋セメントの四日市港事業所…でいいのかな?

先にご紹介した授受線mblg.tvのさらに奥に続く線路を辿れば到達できるこの場所、ここで荷役作業をするのはもちろんのこと、太平洋セメント所有の入れ換え機も常駐しており、構内には庫も…。

ちょうど作業線のすぐ脇には、この日は稼働していなかったもう1機、DD452が留置されており、似ているようで異なる2つの車両が並ぶ光景に出逢えましたねー(*´ω`*)
<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ