_

1度目はまだ良かった。
わたしにも足りない所があったのかも、と自分を見つめ直す事も出来たから
2度目の方がよっぽど辛い。
約半年間、自分に出来る努力はしてきたつもりだったし、断って他に行かれるのが嫌だったから、体調が悪かろうと出来る限り応じてきたつもり。
それでもこうなってるんだから、わたしが頑張ったところでどうにもならない事が分かってしまった。
これから先ずっと、この辛さと向き合って行かなきゃいけないのかっていう絶望感。



_


自分に想いを寄せてくれていて
自分の都合のいい事をしてくれる人が好きなだけで
別にわたしが必要なわけじゃない
わたしじゃなくてもいい
だから平気で傷つけることが出来るんでしょう。

話が一度沈静化したからって、他人が嫌だと言っている事を平気でやり続けておいて
どうして今まで通りにできると思ったの。
どうしてわたしばっかりが辛いままなの。

俺が我慢すれば良いだけだなんて具体的でもなく目に見えない解決案だけ掲げて、何か解決したとでも思ったの?

_


わたしなんて居ない方が良かった
結婚なんてしないほうが良かったね

毎日ヘラヘラしながら普段通りに接してセックスもさせてれば
もう熱りも冷めたかと思った?


タイトルなし



こんなに今が辛いのは、あなたの事が好きだからって分からないのかな
所詮あなたにとってはわたしはタダで出来る都合のいい穴なのかもしれないけど

わたしの事気遣ってしてくれた事なんて一度もなかったもんね
いつも自分のしたい時にしたいようにして
誰かのためにセックスしてあげようなんて気持ちひとつもない

自分は提供される方だと思ってるからそんな風に蔑ろにできるんでしょう?

気持ちさえ離れてしまえば、もう誰とでもして貰って構わないのに

多くの事なんて望んでこなかった
女の子とごはんに行かれたって、
夜ごはんを作って待ってたのに飲み会に行かれたって文句の一つも言わずにニコニコしていたけど

ただひとつだけやめてね、って伝えた事だけを、分かってるって言いながら何度も繰り返すのはなんなの。
わたしの気持ちが離れるのが嫌だって言いながら、本当は嫌われたいんだよね?

_


どうやってまともな嘘をつこうか、2晩も放浪しながら考えてたんだ?
君はわたしが毎回ちゃんと足がついた時だけ出て行っている事に気が付いたほうがいいし、なんで足がついたとか、嘘がバレた理由を問いただしてわたしにそこまで言わせるみじめさや悲しさは考慮してくれないんだね。

全部自分の事ばっかり。


前の記事へ 次の記事へ