手元の切手を買い取ってもらいたいとき切手買取専門の業者に売ると一番いいそうですが、ほとんどの金券ショップでも買い取ってもらえます。


チェーン店からもと質屋まで、金券ショップは店舗数が多く他のものと一緒に切手を買い取ってくれるところも多いので初めてでも入りやすいところが多いでしょう。


売り手と買い手の関係で買取レートは絶えず動いており、同じチェーン店でも、店によって買取価格が違うこともあるので複数の店舗に持ち込んで査定してもらってから決定した方が絶対得です。


買取業者に切手を買取ってもらう時、いわゆる切手シートとして纏まっていないとだめだろうと考えている方もいらっしゃいますがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。


とはいえ、大体切手シートと比較して買取価格が安くなります。


仮に、汚れていたり、あるいは糊が落ちている状態であると、なおさら低価格での買取になってしまいがちです。


自宅に届けられた郵便物に偶然、貼られているのが珍しい切手ということがあります。


そんな時には、切手を買取に出しましょう。


「でもこれ消印押してあるから駄目なんじゃないの?」という方も大丈夫ですが、新品の切手と比較した場合、買い取ってもらう額は下がります。


希少価値の高い切手を持っているのなら、試しに買取してもらってみては?実は貴重な切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。


額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、専門業者に買い取ってもらおうとしても同じものでも、状態の良し悪しをみて切手の最終的な価値を決められます。


ですから、現状を保って有利に交渉して手持ちの切手を売ることをねらうのなら、切手の保管状況はどうなっているか、十分工夫して、いい状態を維持しましょう。


切手の中に、グリーティング切手というものがあります。


この切手はキャラクターが載っていたり、特別な装飾がされているような切手のことを言います。


形についても普通の切手とは違っていていろいろなものがあります。


通常の郵便物もこれがあれば華やかになるという効果もありコレクターズアイテムとしても価値があるものなので、人気も根強いため、高価買取も夢ではありません。