ご存知と思いますが、切手というのは初めからふつう、郵便物に使う形に切り離されて一枚ずつではないわけです。


本来は数枚の切手がひとまとまりになったいわゆる「切手シート」として印刷されます。


切手買取においては切手シートの状態だったとしても買取でき、バラバラになっている切手の形で買い取られるより高値での買取になりやすいです。


使ってないし、今後も使う予定のないような切手が手元にあるならば買取の専門業者に持っていくのがいいでしょう。


業者が違うと買取の価格も違ってきますので、高値で買い取ってもらいたければ、はじめに、幾ら位の値がつくのか鑑定してもらい、値段を比べるのがいいと思います。


さらに、時期に合わせて相場も変わっていくため、買取表等を載せているウェブのページで確認してみましょう。


切手を売るときは出来るだけ高く売りたいですよね。


そんな時には、業者選びが重要で、金券ショップではなく切手専門の買取業者を選択することが極めて重要なポイントです。


上手な選び方としましては評判をネットなどで調べてみて、良い業者を数カ所選択して、業者間で査定額を比べ、最も高値を付けたお店に、決めるのがベターです。


銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。


郵便局は破損切手の対応というものはしていないのです。


それならば、切手が破れたらどうしたらいいかというとすごくひどいものは使用不可ですが、ちょっと破れたぐらいで、十分に額面が見えるような切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。


ただ、その切手を買い取ってもらうということは出来ないかもしれません。


切手の現金買取先を検討している方、切手専門業者に買い取ってもらうのがおそらく一番高く売れるでしょう。


どのくらいの価値があるか正しく見積もってくれますし、レアなものはきちんと見抜いて、高く買ってくれます。


金券ショップなども、切手を買取しますと掲げていますが、切手の価値をよく知る業者は少なく、額面と保管状態をチェックするだけで買取価格を出すしかないのでレアな切手を持ち込んでも、きちんと評価してもらえません。