本日は

話題:今日は〇〇キャラの誕生日!
奪還屋より、黒鳥院夜半くんの誕生日!おめでとうございます、夜半くんヽ(*´∀`*)/
うたた寝する夜半くんに毛布をかける花月さん。
後ろには祭蔵と買ってきたケーキや飲み物などが。
舞矢ちゃんは夜半が寝てるから静かにねと遊利さんに「しー!」
そんな舞矢ちゃんに「言われずとも解ってる!」の遊利さん。
夜半が起きたら誕生日のお祝いをするんでしょう。

花月も祭蔵も舞矢も遊利も夜半の大切な人で夜半を大切に思う人。花月は現在の夜半も過去の傷付き閉ざしてしまった幼い夜半も赦し抱きしめてくれた兄で、
祭蔵は、夜半の願いに気付いて見守って花月と繋いでくれた理解者で、
遊利と舞矢は、夜半を恐れながらも自分たちの弟として接してくれた兄・姉で、
そんな皆が夜半を祝ってくれたらいいな。という落書きです(*´`*)

あと、夜半が無防備に皆の傍で寝てる姿もいつか描きたかったので(・ω・*)


お誕生日おめでとう、夜半くん!今年もラクガキになってしまってごめんよ;;
大切な人たちと穏やかな日々を過ごせますように。
そして、沢山幸せだなと感じる事がありますように(*> <*)

妄想注意

話題:GetBackers-奪還屋-
バレンタインなので(?)ベタネタをラクガキφ(..)
花月さんにチョコを作る親衛隊。お菓子作り初心者な三人、本を読みつつもベタなやらかしを……みたいな(笑)

これ、頭に浮かんだ時から既に十兵衛さんがチョコにお湯注いでました←
十兵衛さん、薬膳料理できそうなイメージがあるので、湯煎とか普通に知ってそうとは思ったのですが私の頭の中ではお湯注いでしまってたのでそのまま描いちゃいました(´▽`)w
雨流さんも簡単な料理は出来てもお菓子は初めてで本と睨めっこしてて、
祭蔵も初めてだけど本をさっと読んで理解したので二人に指示をしつつ進めるはずが………ベタな展開に(笑)


もういっそのこと、三人ともダメダメで
チョコにお湯直注ぎで溶かしても「何かサラサラしてないか」
「確かに、ちょっと緩いかな」
「チョコを足すか」
「そだね」
「まだ緩いな」
「粉でも入れてみる?」
「粉ってどれだ」
「小麦粉かな。えーと、これ」
「片栗粉ではダメなのか?」
「いや、どうだろう……」
「とろみは付きそうだが…」
↑な感じで、突き進んでもいいかもしれない。
「「「なんだ、コレ」」」
って完成品見てるとか可愛い←

オリキャラあれこれ

久しぶりに可愛い服を!とラクガキφ(.. )
何故かストライプ祭りになりました←

この子はよく描くオリキャラNo.1(のハズ)
今までのハロウィンラクガキもこの子のつもりで描いていたり。
あと、ちびにゃんや天使ちゃん、双子等々はこの子がベースだったり(描き分けできないだけとも言う←)


この子も友人との合作的なものに出ている子で、名前は"蓮"。
年齢は15〜16歳。
身長が150前後。
好きな物は可愛いもの全般。
嫌いな物は酢の物・ゾンビ(可愛くないから)・お化け(物理攻撃で倒せない&怖いから)
友人サイドの兄妹に色々教わりながら、両親を探して異世界をあちこち渡り歩いている。
本人は自覚していないが多重人格。蓮の他に二人の別人格がいる。母親譲りの身体治癒の高さと影を操る能力を持っていたり。

他にも影の中に謎動物(本来は人型?)がいたり、最近まで料理すれば爆発してたとか、お酒は匂いだけでも酔うとか年齢より幼くて舌足らずな喋り方をするとかありました。

……今更ながら、私のオリキャラはファンタジーかつ厨二設定盛り沢山なので、ご注意下さい(・ω・)ノ←

ラクガキ

久しぶりにオリジナルっ子をラクガキ。

私、こういうタイプの服好き過ぎというくらい似たものばかり描いてるなぁ(笑)

コルセットとかリボンとかゆったりふんわりした袖とかヒラヒラフワフワしたフリルやスカート好きです(*´ω`*)
描けるかは置いといて←


この子、よく描いてるのに名前無いんですよね。
思えば私、名前ある子の方が少ないかもしれない。
この子を始め、ラクガキ時になんとなく描く→その時限りかと思いきや以降もちらほら描いてる。って感じだからかな。
手癖みたいなもの?なのかな?

名前はありませんが、この子のイメージからは白の混ざった淡い紫+同じく白の混ざった水色。
淡くて白い。
そんなイメージ。

ラクガキ

紙いっぱいに何か描いてみようと、最近の浮かんでは消える妄想?をラクガキしてみた。カオス(笑)

最近、神の記述で十花の赤い絃を見せつけられてショック受けてる雨流さんが頭に浮かんでは消えるのです←

あと、黒鳥院兄弟と祭蔵。
ラクガキしたのは舞矢ちゃんに飛び付かれるのを阻止すべく無言で押しやる夜半と壁(盾)にされる祭蔵、飛んでくる舞矢ちゃん(笑)

それと、風雅花月さんと夜半にゃん。
前の記事へ 次の記事へ