スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

妻の姪っ子

    私は、43歳の冴えないサラリーマンですが、一昨年、妻といろいろあって別居することになり、中学生になる2人の子供を連れて実家に帰ってしまいました。
    こんな話をしてもしょうがないのですが、実は、去年、妻の姪が「部屋が空いてるならしばらく泊めてください」と言って、家に来ることになったんです。
    仕事の関係だとか、引越し費用が溜まるまでとか、いろいろ理由を言っていましたが、断ることもできず、結局、一緒に住むことになったんです。
    21歳の若い子と同居するなんて初めてで、私は、すごい気を使う生活になったんです。
    例えば、お風呂場のドアを開けたらお風呂から出たばかりで裸同然だったり、キャミソールにミニスカ姿で部屋をうろつくので目のやり場に困ったり……。
    私も男ですから、そんなものを見た日には、抑えきれず彼女にバレないように自慰にふけったこともありました。
    しかし、半年も経つと、そんなギクシャクしたような関係はなくなり、
    自然な感じで接するようになったのですが、彼女も同様に慣れてきたようで、お風呂から出てバスタオルを巻いたままうろうろしたり、
    冷蔵庫から缶ビールを出して飲んだり、ミニスカなのにだらしなく股を開いたり、酔ってやたらに絡んできたり、居間で寝て私に部屋まで連れていくように言ったり……。
    どこか不自然な感じすらありました。
    妻に逃げられた私の反応を楽しんでいるような、男やもめのような私を誘っているのか、日に日に大胆になっていくようでした。
    もちろん、大胆な彼女の姿に、また抑えきれないほどの欲情を感じて、彼女に聞かれるかもしれないのに、寝室で彼女の名前を呼びながら自慰をしてしまうことが何度もありました。
    はたから見れば普通の関係ですが、私たちの間では、完全におかしな感じでした。
    それからしばらく経ったある日、夜遅く帰ってきた彼女は、居間のソファーに座ってTVを見ている私の隣に座って「なんか酔っちゃった」と肩にもたれかかってきました。
    ドキっとして身動きが取れませんでしたが、また部屋まで運ばされるのかと思っていると「彼氏と別れちゃって……」と言って抱きついてきました。
    もう限界でした。
    今まで抑えていたものが、理性が吹き飛びました。
    抱きつき返して、むさぼるようにキスして舌を入れました。
    胸も揉んで、スカートの中にも手を入れました。
    彼女は、一切、抵抗せず、逆に唇を押し付け返してきて、舌もからめ返してきました。
    ディープキスをしながら剥ぎ取るように服を脱がしあって、全裸になって抱き合いました。
    若い彼女の肌は、スベスベで触ってるだけで私を興奮させましたが、求め合っているうちにだんだん赤く染まっていって、汗がにじんできました。
    私の体は、もっとベタベタだったかもしれませんが、私が彼女の全身を舐めまわすと、彼女も私の体にキスしてきて、シックスナインでお互いの性器を舐め合いました。
    愛液がどんどん溢れてきて、私はそれを全部吸い取るつもりで舐めました。
    彼女のフェラも、私を感じさせるには、十分すぎるほどのテクニックで、耐えられなくなって、彼女の口の中で爆発させてしまったほどです。
    彼女は、嫌な顔を1つせず、それを飲み込むと、また舐めてきました。
    さすがに40すぎていつ立つのか不安になりましたが、私の息子はしぼむどころか、さらに固くなったような感じさえありました。
    コンドームなど用意していなかったので、もちろん生で入れました。
    パンパンと音がしそうなほどの勢いでピストンすると、彼女も狂ったように喘ぎました。
    こんなに興奮させるセックスは何年ぶりでしょうか?
    翌日のことも考えず、ありったけの力を振り絞って腰を振りました。
    彼女は、何度も何度も果てて、そのたびに私の息子を締め付けましたが、1度イッているので少し余裕があり、
    またまた射精してしぼんでしまうのを恐れて必死に耐えながら、このまま永遠に時間が続けばいいと思いながら突き続けました。
    どのくらい経ったか、私は、ぐったりする彼女の膣の中で2発目を爆発させました。
    力尽きた彼女をお姫様だっこして、妻と一緒に寝ていたダブルベッドまで運び、優しく愛撫して、汗まみれの彼女の体を舐めまわしました。
    しばらくして起き上がってきた彼女にフェラチオしてもらってボッキすると、また挿入して愛し合いました。
    その夜は、何度求めあったかたわかりませんが、次の日も早々に帰宅すると、むさぼり合うように抱き合って体をむさぼり合いました。
    長々と書きましたが、この日から彼女との関係がまた変わり、週に2、3度という頻度で関係を持ちました。
    1年ほど続きましたが、先日、彼女が家を出てこの関係に終止符が打たれ、また男1人になってしまいました。

やめられないって!

嫁さんが2人目の出産で入院中義理の妹が我が家の家事などを手伝う為家に来てくれた。

義理の妹の職場は嫁さんの実家よりもうちのアパートの方が近いので、泊り込みで。

義理の妹は、嫁さんとは違いデカパイ。

しかもスタイル抜群ときていて、洗濯物で干してあるブラとパンティを見てるだけで俺は興奮して勃起していた。

嫁さんは出産後実家に上の娘と里帰りして、義理の妹も来なくなった。

俺は久しぶりの独身気分を楽しんでいた。

その日も仕事が終わり一人で一やっていたら、突然インターホンが。義理妹だった。

まだうちのアパートに着替えとか置きっぱなしだったので取りに来たとのこと。

すぐ帰るのだろうと思っていたが、俺が一人で飲んでいるのを見て哀れになったのか、一杯付き合うと言い出した。

2時間位飲んでいると二人ともほろ酔いでいい気分になり自然に話は下ネタへ。

「姉ちゃんとはどれくらいのペースでやってたの?」とか、「どんな体位が好きか?」とか質問攻めにあった。

俺も「今までの体験人数はどれ位?」とか「フェラは好きか?」とかそんな話に。

そんなくだらない話だけでも嫁がいなくて溜まっている俺はもうビンビン。

義理の妹もいい具合に酔いが回ってきたのか、はじめ向かい合って飲んでいたのに、いつの間にか隣同士で飲んでいた。

俺は酔いに任せて目が合った瞬間にキスしてみた。

嫌がられるかな?と思ったが、義理の妹の方が積極的に舌を絡ませ腕を廻してきた。

「駄目だア〜今日は私ムラムラしてるから止められない。絶対内緒だよ」と俄然舌を絡めてくる。

その言葉で完全にスイッチが入った俺は複を脱がせブラも取り愛撫を始めた。

想像していたとおりのデカパイ。
遊んでいるのか?乳りんは結構黒め。

そんなことはお構い無しに揉み愛撫しまくる。

義理の妹もあえぎ声を出して喜びを表現してくれる。

そしていよいよズボンを脱がせるとびっくり。
妹はTバックだった。

洗濯物で干してある下着では見た事無かったので嬉しい限り。

そして大事なところに手をやるともうすでにグッチョグッチョ。

クンニしてみるとシャワーも浴びてないからか女のにおいが凄い。

俺のはますますビンビンに。

クリもでかいが、クリよりも中に舌を入れると、喜び具合が増す。

味も嫁さんとはまた一味違って最高だった。

妹も「あ〜ん気持ちいいよ。気持ちいいよ〇〇」と俺の名前を呼びながら喘ぎまくる。

手マンでは嫁さんが潮を吹くポイントであるなかのザラザラを同じように擦ってやると出る出る潮の嵐。

もう妹は「えっ?なになに?なんか出ちゃうよ〜凄いきもちいいよ〜」と叫びながら吹きまくる。

リビングがフローリングで良かった。と思うくらい吹いた。

今まで何人かとの経験はあるが潮を吹いたのは始めてらしい。
しかしさすが姉妹。
同じポイントで潮を吹くとは‥。

お返しにフェラ攻撃を受けたが、これは嫁さんより上手い。

男の喜びポイントをこの子は良く知っていますね。

カリ〜裏筋〜袋。そして嫁さんとは全く違うのが舌使い。舌全体が絡みつく。そして男を喜ばせるフェラの音。
「じゅぼじゅぼ。ズボズボ。」と物凄い音。

なんか後で聞いたら年上の彼氏に教え込まれたらしい。

さすが歳を重ねた男は教育上手ですな。

そしていよいよ挿入だが、妹の希望で、生挿入。
なんか今日は安全日らしい。

正常位からのスタートとなったが、中のザラザラポイントを擦ってあげた時はまたまた潮吹き。

俺の陰毛はビショビショ。

しかし、たまりに溜まっていた俺は10分程度が限界。

「出るよ」というと「あ〜ん中に一杯出して」と流石に怖かったが、気持ちよさには勝てず、溜まった物をたっぷり流し込んだ。

妹は出した瞬間またまた絶頂が来たらしく「あ〜またいっちゃう」と叫び言ってしまった。

なんか中田氏は子宮が感じるらしいですね。

その後3発色々な体位でやらせてもらい全部中田氏。

最後は妹のお掃除フェラでまたビンビンにされてしまい、また挿入はしましたが、流石に逝けませんでした。

その後、嫁さんの目を盗んでは、ホテルで週1回はいただきましたが、1年前に妹は結婚。

もうそう言う事はできないだろうと思っていましたが、こないだ親戚の集まりで、たまたま二人で話す機会があったとき、久しぶりに兄ちゃんとしてみたいと言ってきた。

正直言って、なんか楽しみです。


妻の姪っ子

    私は、43歳の冴えないサラリーマンですが、一昨年、妻といろいろあって別居することになり、中学生になる2人の子供を連れて実家に帰ってしまいました。
    こんな話をしてもしょうがないのですが、実は、去年、妻の姪が「部屋が空いてるならしばらく泊めてください」と言って、家に来ることになったんです。
    仕事の関係だとか、引越し費用が溜まるまでとか、いろいろ理由を言っていましたが、断ることもできず、結局、一緒に住むことになったんです。
    21歳の若い子と同居するなんて初めてで、私は、すごい気を使う生活になったんです。
    例えば、お風呂場のドアを開けたらお風呂から出たばかりで裸同然だったり、キャミソールにミニスカ姿で部屋をうろつくので目のやり場に困ったり……。
    私も男ですから、そんなものを見た日には、抑えきれず彼女にバレないように自慰にふけったこともありました。
    しかし、半年も経つと、そんなギクシャクしたような関係はなくなり、
    自然な感じで接するようになったのですが、彼女も同様に慣れてきたようで、お風呂から出てバスタオルを巻いたままうろうろしたり、
    冷蔵庫から缶ビールを出して飲んだり、ミニスカなのにだらしなく股を開いたり、酔ってやたらに絡んできたり、居間で寝て私に部屋まで連れていくように言ったり……。
    どこか不自然な感じすらありました。
    妻に逃げられた私の反応を楽しんでいるような、男やもめのような私を誘っているのか、日に日に大胆になっていくようでした。
    もちろん、大胆な彼女の姿に、また抑えきれないほどの欲情を感じて、彼女に聞かれるかもしれないのに、寝室で彼女の名前を呼びながら自慰をしてしまうことが何度もありました。
    はたから見れば普通の関係ですが、私たちの間では、完全におかしな感じでした。
    それからしばらく経ったある日、夜遅く帰ってきた彼女は、居間のソファーに座ってTVを見ている私の隣に座って「なんか酔っちゃった」と肩にもたれかかってきました。
    ドキっとして身動きが取れませんでしたが、また部屋まで運ばされるのかと思っていると「彼氏と別れちゃって……」と言って抱きついてきました。
    もう限界でした。
    今まで抑えていたものが、理性が吹き飛びました。
    抱きつき返して、むさぼるようにキスして舌を入れました。
    胸も揉んで、スカートの中にも手を入れました。
    彼女は、一切、抵抗せず、逆に唇を押し付け返してきて、舌もからめ返してきました。
    ディープキスをしながら剥ぎ取るように服を脱がしあって、全裸になって抱き合いました。
    若い彼女の肌は、スベスベで触ってるだけで私を興奮させましたが、求め合っているうちにだんだん赤く染まっていって、汗がにじんできました。
    私の体は、もっとベタベタだったかもしれませんが、私が彼女の全身を舐めまわすと、彼女も私の体にキスしてきて、シックスナインでお互いの性器を舐め合いました。
    愛液がどんどん溢れてきて、私はそれを全部吸い取るつもりで舐めました。
    彼女のフェラも、私を感じさせるには、十分すぎるほどのテクニックで、耐えられなくなって、彼女の口の中で爆発させてしまったほどです。
    彼女は、嫌な顔を1つせず、それを飲み込むと、また舐めてきました。
    さすがに40すぎていつ立つのか不安になりましたが、私の息子はしぼむどころか、さらに固くなったような感じさえありました。
    コンドームなど用意していなかったので、もちろん生で入れました。
    パンパンと音がしそうなほどの勢いでピストンすると、彼女も狂ったように喘ぎました。
    こんなに興奮させるセックスは何年ぶりでしょうか?
    翌日のことも考えず、ありったけの力を振り絞って腰を振りました。
    彼女は、何度も何度も果てて、そのたびに私の息子を締め付けましたが、1度イッているので少し余裕があり、
    またまた射精してしぼんでしまうのを恐れて必死に耐えながら、このまま永遠に時間が続けばいいと思いながら突き続けました。
    どのくらい経ったか、私は、ぐったりする彼女の膣の中で2発目を爆発させました。
    力尽きた彼女をお姫様だっこして、妻と一緒に寝ていたダブルベッドまで運び、優しく愛撫して、汗まみれの彼女の体を舐めまわしました。
    しばらくして起き上がってきた彼女にフェラチオしてもらってボッキすると、また挿入して愛し合いました。
    その夜は、何度求めあったかたわかりませんが、次の日も早々に帰宅すると、むさぼり合うように抱き合って体をむさぼり合いました。
    長々と書きましたが、この日から彼女との関係がまた変わり、週に2、3度という頻度で関係を持ちました。
    1年ほど続きましたが、先日、彼女が家を出てこの関係に終止符が打たれ、また男1人になってしまいました。

どんな顔すればいいの?

    主人が急に中東に単身赴任で行ってしまいました。家族が行ける所では無く1年か2年と言う事らしいです。私は後妻で家には実の娘の17歳の由美と、義理の息子の19歳の圭太君と二人になってしまいました。引越しのばたばたがやっと終わったのは1ヶ月くらい過ぎてから。私も仕事があり、残業で遅い時は娘が食事を作ってくれて、兄妹で食べてくれます。勉強も兄が教えてくれ、仲が良くって安心してました。ある日8時頃帰って来て娘の部屋で、話でもと思ったら、二人の話し声が聞こえます。小さく笑い声と、甘い女の声です。どきどきして、ドアの前で聞いてしまいました。
    「ねええ、お兄ちゃん、今日もママ遅いの!お兄ちゃん、いつものようにおチンチン見せて」「じゃあ、脱がせてごらん、由美の好きなチンポを見せてあげるから」「きゃあ、今日も大きくなってる。凄いもう勃起してる。太い、こんなに。由美のお口に入らない」「いつも入れてるくせに、早くしゃぶって」くちゅくちゅ、ぴちゃぴちゃ音がします。ええ、由美と圭太が、まさか、出来てるなんて。私がして上げようと思っていたのに。いやです、でも、相手が娘では。
    「由美も脱いで、二人で舐めっこしよ」「お兄ちゃん、恥ずかしい、明るいし、お風呂入ったけど、オマンコ見せるの恥ずかしい」「由美も俺のチンポしゃぶって、なんだもう濡れてるじゃない、こんなに。上に乗ってオマンコをこっちに向けて」「いやだお兄ちゃん、オマンコなんて言わないで、恥ずかしいんだから、ママもパパとエッチの時に、大きな声で言うから聞いてて恥ずかしくなっちゃうんだ」「でもママも、あんな恥ずかしい体位で、親父とやってるんだ、早く嵌めてとか、もっと奥までとか言ってたじゃない。オマンコなんて毎日言ってるし、親父が行く1週間前は凄かったよな」「うううん、刺激されちゃうよね、パパのオチンポ、ママがおいしそうにきんたままでしゃぶってるの、最後はお口に出してるの、もう見ていて濡れちゃった。お兄ちゃんが由美のおっぱいを揉んで、見てるんだもの」「由美もチンポをしっかり握って見ていたじゃない」「ねえ、もうう入れて、お願い」「うん、じゃ今日は後ろから、いやらしいお尻を上げてごらん。」「いや、お兄ちゃん、いやらしい事言って、いじめないで」「由美はうれしいくせに。いやらしい言葉で、濡れちゃうんだ、乳首をこんなに硬くして。」
    なんという事でしょう。夫婦のSEXが覗かれていました。しかも家族に、娘と息子にです。ああ、体が熱くなって来ました。いやです。私濡れています。どうしよう、3人で生活してるのに、二人はもう出来てるんです。明日からどんな顔すればいいの。

甥の奴隷

    私がお手洗いに入って用をたしていると なにやらお尻がすうすうとしてきたので
    振り向くと 下の小窓(和式の換気小窓)が開いていました。その時は 気にもせ
    ず用をたして居間にもどり 半年ぶりに会う甥と話をしました。
    昼間から 2人でビールを飲んでほろ酔い気分でまたお手洗いにいきました。
    私が ショーツを下げようとすると ガチャと物音が聞こえたので振り向くと
    甥が私の恥ずかしいあそこを 覗いていました。私は 恥ずかしさと屈辱のあまり
    そこを出て甥を呼びつけて 叱りました。
    が しかし追い詰められたのか 私に襲い掛かりスカートの中に手を入れられ
    私の大切なとこを力まかせに 抵抗しても男の力には勝てません。
    それどころか 甥のあそこは大きくなってお腹にあたっています。
    私は大声を出そうと思えば出せたのですが(主人ともご無沙汰でした)体は
    徐々に反応してくるのが自分でもわかります。まさか甥に感じているなんて
    恥ずかしくて言えません。甥息は荒く 今度はいたいぐらいに胸を揉まれました。
    私は抵抗するのを止めて 甥のされるがままになりました。
    甥の手は ブラウスのボタンをはずし スカート パンストと脱がされ
    スリップ1枚になると ショーツの上から激しく愛無された私は 声をころす
    のがやっとでした。甥の唾液と愛液で ショーツが透けるほど濡れて
    いるのがわかります。ショーツも脱がされて あそこに甥の顔が埋まって
    ピチャピチャと音をたてて愛無されると 体が勝手に反応してしまい
    そして 私の両足を大きく開け甥の物が入ってきました。そして3分も
    しない内に私の中で果ててしまいました。あそこから液が流れ出すのが
    わかりました。私は無言で甥の顔をぶって立ち上がろうとすると私の手首を掴み
    まだ挑んできたのです。振り切ろうとしても襲い掛かってきます。
    その後 お風呂場で犯され 今では甥と危険なSEXが続いています。
 
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年12月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
708さんのプロフィール
性 別 男性
地 域 神奈川県
系 統 普通系
職 業 職人
血液型 A型
大人のおもちゃ
セクシーランジェリー