スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

1つ下の弟

    こういう投稿板にくるくらいですからそんなにマジメな女ではありません。
    でもまさか弟とエッチ関係になるとは思いませんでした。
    先週末のことでした。母と父が祖父母の家に出かけたため、家には私たち2人だけでした。
    私は最近彼氏と別れて荒れていたのに加えて、女上司に理不尽な叱りを受けて
    かなりイライラしていました。
    同じ思いの友人たちと飲みまくってウサ晴らしをして深夜に帰宅しました。
    私は酒癖があまりよろしくない方なのですが、その日も大学生の弟の部屋にウイスキーを
    もって行って、「あんたもつきあいなさいよね!」と乗り込みました。
    実はそこからは意識が飛びました。
    まだ暗いうちに目が覚めました。私は全裸でした。そして隣には同じく全裸の弟が。
    なんとなく自分の体を点検してみると、内股のところがベトベトしててエッチの跡だな、と
    わかりました。頭の近くには使用済みのティッシュが丸めてありました。
    呆然としていたら弟が目を覚ましました。
    「ヨシ、あんた何したのよ!」と強く言うと、弟(ヨシキ)が「お前がやろう、やろうってうるさかったからだろ!」と
    言います。「オレのパンツ脱がせてフェラチオまでしたんだぞ!」と。
    うそでしょ〜・・・どうしようって思ってたら、弟が指で私のそこを弄り耳元でささやきました。
    「ハル、もう1回しようよ。もうしちゃったんだし、同じことだよ。ハルの、すごくよかったし、さ。」
    私の体、覚えていないエッチと程よい酔いのために敏感になっていたんでしょう、したらダメだと
    思いながら、拒否できませんでした。
    彼の舌や指が体を這うのを心地よく感じながら、私の体は反応して、こんなことしちゃダメ、という意識も
    体の暴走を止めることができませんでした。
    弟のペニスが私の中に入ってくると、あとは罪の意識さえもなく、弟にしがみつき牝のように腰をふりました。
    外に出して、とかろうじて言いましたが、弟は我を忘れていたのか、私の願いは聞き入れませんでした。
    私は、なんてことするの、と悲しくなって泣きましたが、弟がもう一度挑みかかってくるのも拒めませんでした。
    そして初めて「イク」という感覚をそのときに覚えてしまったため、昨夜も仕事帰りに弟と待ち合わせて
    しまいました。

どんな顔すればいいの?

    主人が急に中東に単身赴任で行ってしまいました。家族が行ける所では無く1年か2年と言う事らしいです。私は後妻で家には実の娘の17歳の由美と、義理の息子の19歳の圭太君と二人になってしまいました。引越しのばたばたがやっと終わったのは1ヶ月くらい過ぎてから。私も仕事があり、残業で遅い時は娘が食事を作ってくれて、兄妹で食べてくれます。勉強も兄が教えてくれ、仲が良くって安心してました。ある日8時頃帰って来て娘の部屋で、話でもと思ったら、二人の話し声が聞こえます。小さく笑い声と、甘い女の声です。どきどきして、ドアの前で聞いてしまいました。
    「ねええ、お兄ちゃん、今日もママ遅いの!お兄ちゃん、いつものようにおチンチン見せて」「じゃあ、脱がせてごらん、由美の好きなチンポを見せてあげるから」「きゃあ、今日も大きくなってる。凄いもう勃起してる。太い、こんなに。由美のお口に入らない」「いつも入れてるくせに、早くしゃぶって」くちゅくちゅ、ぴちゃぴちゃ音がします。ええ、由美と圭太が、まさか、出来てるなんて。私がして上げようと思っていたのに。いやです、でも、相手が娘では。
    「由美も脱いで、二人で舐めっこしよ」「お兄ちゃん、恥ずかしい、明るいし、お風呂入ったけど、オマンコ見せるの恥ずかしい」「由美も俺のチンポしゃぶって、なんだもう濡れてるじゃない、こんなに。上に乗ってオマンコをこっちに向けて」「いやだお兄ちゃん、オマンコなんて言わないで、恥ずかしいんだから、ママもパパとエッチの時に、大きな声で言うから聞いてて恥ずかしくなっちゃうんだ」「でもママも、あんな恥ずかしい体位で、親父とやってるんだ、早く嵌めてとか、もっと奥までとか言ってたじゃない。オマンコなんて毎日言ってるし、親父が行く1週間前は凄かったよな」「うううん、刺激されちゃうよね、パパのオチンポ、ママがおいしそうにきんたままでしゃぶってるの、最後はお口に出してるの、もう見ていて濡れちゃった。お兄ちゃんが由美のおっぱいを揉んで、見てるんだもの」「由美もチンポをしっかり握って見ていたじゃない」「ねえ、もうう入れて、お願い」「うん、じゃ今日は後ろから、いやらしいお尻を上げてごらん。」「いや、お兄ちゃん、いやらしい事言って、いじめないで」「由美はうれしいくせに。いやらしい言葉で、濡れちゃうんだ、乳首をこんなに硬くして。」
    なんという事でしょう。夫婦のSEXが覗かれていました。しかも家族に、娘と息子にです。ああ、体が熱くなって来ました。いやです。私濡れています。どうしよう、3人で生活してるのに、二人はもう出来てるんです。明日からどんな顔すればいいの。

婿さん

    娘が仕事に出かけました。婿さんは今日はお休みです。
    10時頃ぱじゃまのまま起きて居間でコーヒーを飲んでPCを見ています。「何を見ているの」「お母さん、こんなコーナーがあるの知ってる!」「え、何、何がかいてあるの!いやだこれ、凄いのね、こんな人たちも実際にいるの」「そうだよ、これ本当のことみたいだよ」
    婿さんは近親相姦の投稿を読んでいました。ありえないと思っていましたが、一緒に読んでしまいました。義母と娘のだんなの不倫ですって。
     婿さんの手が腰に回ってきました。ええ、と思ってると抱き寄せられ「お母さん、前からきれいな人だと思って、好きでした、恵子よりも」だめよ、そんな事といいながらうれしかった。婿さんの唇を受けていました。上手なんです。唇をゆっくり動かしながら、舌を少し入れて刺激します。おっぱいを掴まれて抱き寄せられます。だめ!と思いながら婿さんのキスで熱くなっていました。
    婿さん、パジャマのズボンを脱いでトランクス1つになってる。勃起してるの。「お母さん脱がせて」いや、恥ずかしい。でも自分でnyが背てしまいました。オチンポが勃起してるので、前に引っ張って脱がせないとひっかかっちゃう。
    久しぶりの勃起したオチンポが目の前にあります。婿さんは立ったまま私に近づいて、オチンポを顔の前に、というより口に押し付けてきたの。もうだめ、咥えちゃいました。大きい、舌で舐めて鬼頭をしゃぶり、音を出しちゃいました。ずずず、よだれが出てる。いやらしいウサギです。
     ああ全部脱がされて乳首をつままれたら、電流が走りました。オマンコも触ってくれます。もうお汁で濡れています。
    四つんばいにされ、後ろから突っ込まれました。硬くて太いの。入り口で、焦らして入れてくれない。私お尻を突き出し自分から奥に入れちゃいました。凄いの、一回で行っちゃいました。

母親思いの姉

    バイクでオカマして両手の甲と右膝を骨折して入院してたときの話
    家族構成は、俺18才母親40才と嫁にいった姉貴21才と中学生の妹14才
    親父は、10年程まえに、離婚な状態。

    当時彼女もいなく、いきなりの入院生活若いから溜まるのが当然w
    母親が見舞いきてて、尿意を催したとき尿瓶で母親が受けてくれることに
    なったんだが、体勢が悪く尿瓶に導く母の手が、少し上下に手コキ風に
    なって、まぁ全然抜いてなかったんでフル勃起状態・・
    一応事は済んだんだけど、母が無言で帰宅

    次の日、嫁に出て行った姉貴がいきなり見舞いにきて。
    俺の顔を見ていきなり、スーパーーーー溜息
    姉貴 <お母さん泣いてたで
    俺  <はっ?
    姉貴 <彼女おらんの? まぁ。。居てるはずないやろーな
    姉貴 <とりあえず、もう二度とお母さん泣かさんといてや!!

    いきなりカーテン引いて、布団捲ってパジャマとズボン下ろされて
    即効手コキ
    姉貴 <汚さんといてや、ちゃんと言いや!
    20秒語
    俺  <ごめん・・・出そう
    姉貴 <うん、わかった ハッー(溜息)
    っといいながら手で受けとめてくれた。
    乱暴に拭かれて、乱暴にパンツとバジャマ履かされて
    姉貴 <次、いつきたらいいん (半睨み)
    俺  <なんで姉貴が?・・
    姉貴 <アホか妹は中学生!! お母さんは親!!
    姉貴 <っで、いつきたらいいん!!
    俺  <・・・・・ごめん、明日も・・・
    睨みつけて無言で帰つて行った姉

    次の日は、勿論きてくれました。

ダメな姉です

    このサイトを見ていて、私も急に弟を男性として見るようになりました。私には2つ年下の21歳の弟がいます。
    私も弟も一人暮らしですが、連休で実家に戻っていました。昨日の夜、お風呂上りの弟を見て、私はどきっとしました。
    いつのまにか、胸板も厚くなり、男らしくなった弟に男性を感じてしまいました。私はお風呂に入る前に弟に「相談があるから後で部屋へ来て」と言いました。
    頭ではダメだとわかっているのですが、私のアソコはもう濡れていました。体中が敏感になっていて体を洗うだけで感じてしまいました。
    私は部屋に入るとバスタオル一枚で弟を待ちました。しばらくして、弟が部屋へ来ました。トランクスにTシャツ一枚でした。
    私は彼と別れて半年なんですが、彼とのSEXを弟に話し、男の人はどういうSEXが好きなの?とか、エッチな話をしました。
    弟は最初は戸惑っていましたが、真剣にいろいろアドバイスしてくれました。でもだんだん目線が私の胸元や太ももを見ていることに気が付きました。
    私は「明るいとちょっと恥ずかしいね」と言って、豆電球だけにしました。もう少し話をして、私は「お母さん達もう寝ちゃったかな?」と聞きました。
    弟は「ああ、さっき寝室へ入ったよ」と言いました。両親の寝室一階、私達の部屋は二階でした。私はどきどきしながら、「
    ねえ、こっちに来て」と弟をベットに座っている私の隣に呼びました。弟も私の様子がいつもと違うことに気付いていたらしく、何も言わずに私の隣に座りました。
    「今日だけの秘密にして」と私は言うと弟にキスをしました。弟は少し驚いたけれど、舌をからませてきました。
    少し長いキスのあと、私はバスタオルを取り全裸になりました。そして、弟のTシャツを脱がし、体中をキスしました。
    弟のアレがトランクスの中で大きくなってるのがわかりました。トランクスも脱がし、私は弟のモノを口へ入れ、しゃぶりました。
    とても硬く、元カレより太い気がしました。弟も私のアソコを触ってきました。私はいけないことをしている、と思うとどんどん濡れてくるのがわかりました。
    私は弟のモノを手で扱きながら、私の胸を弟へ押し付けたり、元カレともこんなエッチなことしたことないようなことを弟としてしまいました。
    さすがに挿入はしませんでしたが、弟が私の口に出した後、部屋からバイブを持ってきました。私はそのバイブですぐにいってしまいました。
    しばらく裸でお互いの体を弄りながらいちゃいちゃしました。弟が、「少し散歩しよ」と言うので、私が「お母さん達にバレちゃうよ」と言っても弟は大丈夫だから、
    と私を外へ連れ出します。弟はジャージのズボンとTシャツ、私はスウェットの上下ですが、下着は着けていませんでした。裏口から家を出て、
    近所の公園まで行きました。そこは小さい頃弟と一緒に遊んだ公園でした。「オレ本当は姉貴のこと昔から好きだったんだぜ」
    弟は私のことを姉ではなく女性として見ていてくれたのです。私はうれしくて、弟を抱きしめてしまいました。
    そして、真夜中の公園のベンチでキスをしたり、お互いの性器を触りあったりしました。
    部屋へ戻って、一気に裸になると、夜が明けるまで弟とシックスナインで何度もいきました。私も何度も弟の精子を口や胸で受け止めました。
    朝5時、弟が自分の部屋へ戻るとき、私からディープキスを求めました。弟が弟でなくなった瞬間でした。朝食の時はお互い気まずい雰囲気はありましたが、
    私は今日、これから弟の部屋へ行き、彼と結ばれようと思います。いけないこととわかっているのですが、私のアソコは彼のアレを求めているのです。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年10月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
708さんのプロフィール
性 別 男性
地 域 神奈川県
系 統 普通系
職 業 職人
血液型 A型
大人のおもちゃ
セクシーランジェリー