スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

一線越えました

初体験は高校3年の夏、7つ年上の兄嫁と。

 家では兄夫婦と俺と両親で暮らしていた。
 ある日、兄嫁と俺だけの夕方。「彼女いないの?」「うん」「興味あるでしょ?」という会話。
 なんかむずむずして、テーブルで編み物をしていた兄嫁の後ろに行き「触っていい?」と聞いた。

「えっ、どうしたの?」と兄嫁は言ったが拒否しなかった。そのまま後ろから胸を揉んだ。
「大きい」とつぶやくと、「大きいよ。でも、下は駄目よ。大変なことになるから」と言われ、胸だけ揉んで終わった。
「兄貴に言わないでね」と言うと、「言うわけないでしょ」と優しく笑ってくれた。

 次の日、朝10時くらいに起きてくると、家族は出かけ、兄嫁しかいなかった。
「また触っていい?」と聞くと、「障子閉めてね」と言われ、障子を閉めた。そして、また後ろにまわり、胸を揉んだ。
 前日とは反応が違い、「んん・・んん」と声が漏れていた。

「感じる?」と聞くと、「もう濡れているんだから」と答えた。それは触っていいという合図だとわかった。
 でも、今までオマンコには触れたことが無い。場所がわからずドギマギしたらカッコ悪いな・・・と心配しながら、キュロットスカートの隙間から、パンティに辿りつき、腿の付け根から指を差し込むと、ヌルッと簡単に穴に指が入った。
 無造作に入った。

 その瞬間、「ああ〜・・・!!」という叫び声。
 兄嫁のそんな声を初めて聞いた。
 女のマンコは別の生き物なんだと感じた。

 のけぞりながら、姉は振り向き、俺の顔を押さえてキスした。
 恥ずかしながら、これも俺のファーストキス。舌が入ってきて、どうしていいかわからず、舌を合わせた。

「あっちに行こう」と寝室に誘われた。
 服を脱ぎ始めた兄嫁は、胸をずっと両手で隠していた。無理矢理、手をどけると、子供がいたせいか、乳輪が黒くて大きかった。それを隠していたのだろう。

 90cmの胸はでかかった。
 吸い付いた。
「ああ・・・うう・・」と頭を抱きしめられた。

 下着を取った。今度は姉は隠さずに足を開いた。綺麗なスジマンだった。だから自信があって、隠さずに見せたのだろう。
 初めて舐めた。想像ではおしっこ臭いと思っていたが、実際はツンと酸っぱくて、予想外だった。舌を入れたら、なぜか笑われた。

 そして挿入。もちろん下手だ。腰が動かない。
「上になるね」と兄嫁がまたがった。
 鏡を見て「ほら、映ってるよ」と少し兄嫁は興奮していた。
「一線こえちゃったね」と言われた。

妹とエッチ

この前妹としました。

 その夜は親がどこかに出かけていて、僕と妹だけでした。
 二人きりにになって数分・・・。
 僕が「昔約束したこと覚えてる?」といいました。
 妹は「・・・・・お、覚えてる・・・。」と小さな声で言いました。

 約束というのは、6年生になったら3回Hするというものです。

 そして、僕はデジカメと取り出して、初めに妹のヌード写真と取りました。
 妹が裸になったらオナニーをさせました。そのときに動画を撮りました。

 そして、妹にディープキスをしました。ディープキスをしながら妹の胸を揉みました。
 妹は体をビクビクさせていました。

 次に妹のアソコを舐め回しました。妹はやらしい声を上げてビクビクしていました。

 舐め終わると妹に僕の硬く大きくなったアレをしゃぶらせました。
 途中で我慢できず口の中に出してしまいました。れを妹は何も言わず飲み込みました。

 飲み込んだらそれまでビクビクしていた妹の体の震えがとまり、「今度は何すればいいの?」と笑顔で言ってきました。
 僕は「おまえのアソコをこっちに向けて」と言い、妹のアソコに僕のアレを入れました。

 半分くらい入れると、妹が「もっともっと奥まで入れて!」と言いました。
 妹の言うとおり奥まで入れて全部入ったら、妹が「腰を動かして」と言ってきました。
 僕はダンダン激しく腰を動かし「中に出していい?」と聞きました。
 妹は「出して」と答えました。

 妹の乱れきった顔を僕はデジカメで撮りました。
 数分たって妹が「約束だと後2回だけど制限ナシにして」と言ってきました。
 僕はすぐ「いいよ」と答えました。

 それからと言うもの、妹は僕と二人きりになると「お兄ちゃんHして」と言ってきます。

姉貴とやった

ぼくは中2、姉キは中3です。

 こないだの晩、涼しかったので姉キが「寒い。一緒に寝よ」とぼくの布団にもぐりこんできました。うっといなと思いましたが、入ってきたら体があったかいので、どっちともなくくっついてたら、「ねえ抱きあおうか」というので姉キの体を抱きました。

 うすいパジャマなので体が熱いし大きな胸が柔らかくてすごく気持ちよくて、ぼくがすぐにビンビンになってしまいました。
 あそこがあたるので、「たっちゃったん?」と姉キは笑って、あそこを押し付けてくるんです。

「胸やらかいな」というと、「ブラしてないし。」といって、胸も押しつけてくるので、ぼくは強く抱きしめると、姉キも抱き返してきました。
 おたがい姉弟なのに、興奮してました。

 姉キが最初にぼくにキスしてきて、それからはげしいキスになりました。
 夢中でベロを入れてキスしながら胸をもんだら、姉キもぼくのをパジャマの上からにぎってもみました。
「かなりおっきいじゃん!」
「ねえちゃんもでかい」
「Dカップだよ」

 もうおたがい、興奮しまくって、「ねえ、しよか」「うん!」と下半身はだかになり、はげしく入れあいました。
 あっという間に中に出してしまって、「ねえちゃん、ごめん」というと「いいよ。大丈夫だから」といって、もう2回、中に出しました。

 終わってしばらく抱きあってキスしてから、「気持ちよかった! またしよね」と姉キは部屋に戻っていきました。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年10月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
708さんのプロフィール
性 別 男性
地 域 神奈川県
系 統 普通系
職 業 職人
血液型 A型
大人のおもちゃ
セクシーランジェリー