スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

結婚します

    いつも、コッソリ読んでいました
    恥ずかしいのですが、読みながらついつい兄とした事を思いだりして、独りで愉しんでしまったりもしてました。
    どうしてかは判らないけど、ここには、私達と同じような境遇の人が居て、勇気づけられたと言うか…
    そんな気がしてきたので、私たちのことも書かせてください。血の繋がった兄と妹が、どんな風に愛しあってきたのかを聞いて下さい。
    来年の春、私は晴れて彼と結婚することができそうです。彼とは教会音楽のサークルで知り合った人で、とっても気持ちが優しく大らかです。
    年下なのに、私のことをすべて受け止めてくれます。兄ともきっと仲良くしていけると思っています。‥ただ一つだけ、大事な赤ちゃんの事を除いては。
    本当に彼には懺悔してもしきれないことなのですが、私のお腹の中の命は、兄と妹である私が、強くて堅い絆で結ばれてできた、秘密の果実なんです。
    昨日もたっぷり4時間ほど、兄は私を愛してくれました。ずっと長い時間、兄は私を舐め続けて、たくさん出ちゃった愛液を啜ってくれ、
    私も兄のをしゃぶり続け、いっぱい兄のザーメンを味わいました。ソレカラそれぞれのをお口に溜めて、ディープキッスで汁を混ぜ合わせて一緒に味わい尽くしました。
    ホントに美味しいんです、私達のジュースは。おなかの子に気をつけてたので、あまり動けなかったけど、兄のカタくて熱いペニスは、最後に、
    私のナカを温かくいっぱいに満たしてくれました。 最初は多分、私が兄を挑発することから始まっていったかと思います。
    ずっとチッチャイ時から仲の良かった兄妹と言われていた二人です。お風呂も一緒だし、ともするとおしっこまで一緒にしていたりしてた私達は、
    当然「お医者さんごっこ」も、兄妹だけのヒミツの「基地」のなかで、あるいは押入れのなかで、お互いのものを確かめあっていました。
    色んなものをいれたり、おちんちんを剥いてみたり、初めてなことは全部二人で確かめあいました。生理が来るようになってからは、
    母からは少し小言も言われたりしましたが、私達は、しっかりコッソリ続けていました。初めてメンスの血が流れた時は、
    買い物に行ってる母の目を盗んで一緒にお風呂に入っていた時でした。心配した兄が、それをコワゴワ舐めてくれたのを憶えています。
    そおして数日後、兄が精通をしたのは、いつもの様に二段ベッドの下のあたしのところに「夜這いゴッコ」しにきていた夜中のことだったと思います。
    でも私は兄と違って、その強烈な栗の花の匂いに、最初は少し舐めるのが精一杯でした。その頃から私達は、
    いつの日にかきっと初めてのセックスを出来るようになるまでの予行練習に明け暮れて行ったのです‥。
    ちょっと、長くなりすぎてしまったみたいですね。私達二人が、兄妹で処女と童貞を一緒に捨てた時のことは、また次の投稿で書かせてください。

家庭内暴力

私は20歳の女子大生です。2つ下の弟がいます。弟は1年ほど前から家庭内暴力がひどくなってきて、親も手をやいています。
私も何度か殴られたことがあります。ある日、弟が私の部屋にやってきて「おい、姉ちゃん、尺八しろよ」といいました。私がびっくりしていると弟はさらに
「姉ちゃん、男知ってんだろ。ハタチで処女じゃねえだろ」といいました。確かに私は処女じゃありません。私は黙ってうなづきました。「じゃ、おれに尺八しろ」
弟はそういうとズボンとパンツを脱いで私のベッドに仰向けに寝ました。私は体が震えてきました。「私たち兄弟なのよ」「いいからはやくチンポしゃぶれよ」弟は怒鳴りました。
私たちの会話は階下にいる両親にも聞こえているはずです。弟はそばにあった本を取り上げると鏡台に向けて投げつけました。ガシャンと音をたてて鏡が割れました。
私は仕方なくベッドのそばにひざまづいておそるおそる弟のペニスを握りました。弟のそれは恋人のものよりも太くて長く、少し片方に曲がっていました。
私はフェラチオの経験はほとんどありません。「ね、私あまりうまくないよ」ペニスをゆっくりと上下にしごきながらいいました。
「はやくしないとこっちに突っ込むぞ」弟はそういって私の股間をいやらしく撫でました。私は仕方なく弟のペニスを咥える決心をしました。
セックスされるよりはましです。ペニスに顔を近づけると、ぷーんといやな臭いがしました。私は「ね、お願い、ここ洗ってきて。そしたらしてあげる」といいました。
弟は下半身裸のまま部屋を出ると階段を降りていきました。風呂場に行くにはリビングにいる両親の前を通らなくてはなりません。それなのに弟はペニスを勃起させたままで風呂場に向かいました。
数分後、下半身だけシャワーを浴びた弟が戻ってきました。弟は塗れた体をろくに拭きもせずごろんとベッドに横たわり、「これで文句ないだろ」といいました。
私は片手でペニスの根元を持つと石鹸のかおりのする亀頭にちゅっとキスをしました。それから目をつぶって大きく口を開け、弟のペニスをゆっくりと根元まで咥えました。
それから唇の内側だけがペニスに当たるようにしてゆっくりと唇をペニスの先端まで戻すと弟の口から「おお」と声が漏れました。
私は歯があたらないように気をつけながら弟のペニスに唇を這わせつづけました。「ねえちゃん、うまいじゃんかよ」乱暴だった弟の声が甘えるような声に変わっていました。
しばらくしゃぶりつづけていると「ねえちゃん、おれ、もう出そうだよ。このまま出していい?」とやさしい声でいいました。
私がペニスを咥えたままこくんとうなずくと同時にペニスの先端からどくどくっと生暖かいものがあふれ出てきました。
私は弟の出したものをどうしようか迷いましたが、思い切って飲むことにしました。男の人の精液を飲んだのはもちろん、口で受けたのもはじめてでした。
私の口の中に欲望を吐き出すと弟は別人のようにおとなしくなりました。それから弟は私にフェラチオをせがむようになりました。
フェラチオしてあげたあとは弟はおとなしくなります。それ以来、2日に1回の割で私は弟のセックス処理を引き受けるはめになりました。
おかげで弟の家庭内暴力はやみましたが、親は今も見てみぬふりです。

お兄ちゃん大好き

    おにいちゃんがインターネットをやっているのでこっそりと、やってみたらお気に入りにここがマークしてあったので、きてみたら凄く驚きました。
    私の知らない世界で、こんなことが起きているんだ、と驚くばかりです。お兄ちゃんは、今年で大学4年生で、私は短大の1年です。私は、彼氏はいまいません。
    なんだか、好きだと男の人に高校の時とか言われたことがありますが、なんだか恐くて断ってしまいました。
    そのときの、男の人は、けっこうかっこよくてクラスの女の子には、もててる人でした。友達からは、いいなーとかいわれましたけど、その彼氏も別のかわいいこと付き合うようになり、
    なんだか虚しい気持ちになりました。やっぱり、男の人って、SEXさせてあげないとつきあいは長く持たないんでしょうか?男の人と、
    ろくにお話もしたことがないのでわかりません。でも、sexは女の方からみたらやっぱり恐いです。裸になるのも、
    恥ずかしいのに男の人に体を好きに触られたり、おっぱいをさわられたりするんだろうなーって考えただけで、私には無理だなーって思います。
    でも、男の人と抱き合ってみたいなーっていう、ちょっぴりそういう願望もあります。私の高岡短大では、女の子ばっかりなんで彼氏とかできなくてなんだか、寂しいです。
    他の女の子とかは、富山大学とか他の大学とかとコンパとかやって、彼氏とかつくっていることかいるんですけど、私は臆病でなかなかいけません。
    たまに、友達が写真とか一緒にとっているのを見せてくれますが、そんなとき凄く羨ましいです。
    私の写真とかもコンパとかで見せたそうですが、それで4人ほど男の人から誘いがありましたが、なんとなく恐くていけません。
    長々と書いてしまってごめんなさい。どうも私は不器用なんで、男の人となかなかお話しできません。
    でも、お兄ちゃんも私と同じで不器用で彼女とかいません。お兄ちゃんとならsexしてもいいです。それが、今の私の正直な気持ちです。
    でも、お兄ちゃんが、私を女性としてみていないのはわかっています。まじめだし、妹としてしかみていません。
    でも、一度だけ私のお風呂上がりにお兄ちゃんが入ってきたことがあります。タオルで体を拭いていた途中だったので、裸をみられてしまいました。
    おにいちゃんは、「ごめん」っていってさっとでていきましたが、恥ずかしさで顔が真っ赤になりました。
    私は、胸もcはあるし、自分で言うのも何ですけど、そうがわどうりとか歩いてるとよく声とかかけられます。
    たぶん、女として魅力はあると思います。でも、おにいちゃんは、どこまでいっても私を妹にしか、みていないようです。
    それが、悲しいです。いったい、どうしたらお兄ちゃんとうまくいけるでしょうか?

15歳の息子と

    今年高校受験の息子を持つ母親です。最近、息子の子供を中絶しました。夫は3年前から単身赴任で、月1回帰ってくるかどうか、正直言って欲求不満でした。
    誘惑したのは私です。まず、女子高生が穿くようなカラフルな下着を買い、室内の目に付くところに干しました。そして、洗濯機に入れるときには一番上で目につきやすいようにしておきました。これには反応があり、夜入れて翌朝確かめたらザーメンらしきものが付着していることが頻繁にありました。
    ある夜、私は、夜中息子が下着を自分の部屋に持ち込んだことを確認して、いきなり部屋に入りました。案の定、息子はベッドの上で下半身あらわな姿で、片手には私の下着がありました。
    「なあんだ、そういうことだったの」「...」「でも、別に気にすることないよ。若い男ならそのくらい元気がないと」「ごめんなさい」「気にしないで。お母さんも、若い男に興味を持ってもらえて嬉しいから」「...」「どうせならパンツじゃなくて、生身の体の方がいいでしょ」「えーっ、それまずいよ」
    私は、パンツ1枚になって息子に添い寝しました。「ほら、おっぱい、触って」息子は、おそるおそる胸を手で撫ではじめました。
    私は、息子の手をつかんで、パンツの中に引き込み、敏感な部分に息子の指先を導きました。「そこ、そこをやさしく触って。そーっとね」私の呼吸が乱れてくることに少し戸惑いながら、ぎこちなく指を動かしています。ねとねとした液体が息子の指先にまとわりつくのが私にもわかりました。
    息子の下半身は、硬く立派になっていました。私は下着を脱ぎ、仰向けになった息子にまたがり、硬くなった先っぽを入り口にあてがいました。まだ、剥けていません。
    腰を落とすと、するりと息子が入ってきました。ゆっくり腰を動かすと、今度は息子の顔がゆがみました。
    「まずい、出る」「いいのよ。心配しないで。お母さんも気持ちいい」「我慢できない。ううっ」「そのまま出していいのよ」私は、息子の欲望を体の奥で受け止めました。
    それからは、毎晩のように息子と交わりました。あえて避妊はしませんでした。息子には、ピルを飲んでるから大丈夫だと説明しました。なぜそうしたのかは今でもはっきり説明できません。若い男の子種を受け止め、まだ現役の女であることを試してみたかった、そういう本能の赴くまま、そうしたのだとしか言えません。
    1ヵ月後、当然の結果ですが生理が止まりました。息子以外とはセックスしていませんので、父親は息子です。
    息子に妊娠したことを告げると、大変驚きました。
    「お父さんと離婚して、産んでもいいかと思ってるの」「だめだよ、そんなの。俺が変態になっちゃうよ」「やっぱりそうだよね。堕ろすから心配しないで」「そうして」「でも、子供堕ろしたらしばらくセックスできないから、その前に思い切り楽しもうね」「うん」
    夏休みに入っていたので、息子と2人で旅行に行きました。淡路島のリゾートホテルに2泊3日です。中1日は、部屋に籠って1日中セックス三昧でした。窓を開けて海を見ながら、明るい日差しを浴びて欲望を満たす母子、まるで映画のシーンのようです。記念にビデオや写真もいっぱい撮影しました。
    ビデオを見てると、母子には見えません。若いホストとアラサー女といったところでしょうか。まだまだ私の裸も捨てたもんじゃないと自惚れてます。
    中絶も無事終わりました。今度からはピルを飲もうと思っています。まだ本番は無理なので、息子の欲望は手と口で慰めてあげてます。

ずっと寝たふりしてたけど・・・

    わたしは高校2年生の女の子です。3つ年上のお兄ちゃんと毎日のようにしています。私のうちは母子家庭であまり裕福ではないので今でも三人で同じ部屋で寝ています。
    母はスナックのやとわれママさんでほとんど明け方まで帰りません。お兄ちゃんは中1になった頃から、ワタシが寝たとみると毎日のようにオナニーをしていました。
    そしてある時、お兄ちゃんは『みく起きてる?』と私に声をかけ、私が返事をせずに寝たふりをしていると布団の中に手を入れてきたのです。
    そして服の上から胸を触ったり、股間を触ったりしていました。そして回数を重ねるにつれてお兄ちゃんはエスカレートしていきました。
    わたしの胸やクリトリスをじかに触ったり、時々は舐めたりもしていました。始めのうちは私もただ恐くて寝たふりをしていたのだけど、回数を重ねるにつれ、
    お兄ちゃんが触ってくれるのを心待ちにするようになりました。そしてその時もお兄ちゃんは私が寝ているのを確かめると私の体を触り始めました。
    私は疲れていたので寝返りをうつ振りをしてお兄ちゃんの手をさけました。するとお兄ちゃんは私の中に指を入れながらお尻の穴を舐め始めました。
    今までは気持ちよくてもずっと起きているのがばれないように声を押し殺していたのだけど、あまりの気持ちよさに思わず『あっ・・・』と声をあげてしまいました。
    するとお兄ちゃんは一瞬驚いて手を止め『みく起きてるの?』と声をかけてきました。私は『・・・うん今までずっと起きてたよ。』と答えました。
    するとお兄ちゃんは『ごめん・・・。もうしないから。』と言うので私は『ううん。みくお兄ちゃんに触ってもらうの嬉しいの。気持ちいいの。』『ほんとに?』と嬉しそうに笑いました。
    するとお兄ちゃんは優しくみくのパジャマを脱がせて、自分も脱ぐと私の足を開げて、ずっと指を出し入れしながらクリトリスやお尻の穴を舐めてくれました。
    私は気持ちよくてまた声をあげてしまいました。お兄ちゃんは『みくはやらしい体だね。いっぱいやらしい液が出てるよ。おもらしをしたみたいになっているよ。』と言いました。
    私はすごく恥ずかしくなって私も『お兄ちゃんも気持ちよくさせてあげたい。』と言うと『じゃあ舐めて』と言ったので私は一生懸命お兄ちゃんのおちんちんを舐めました。
    しばらくぺろぺろとしているとお兄ちゃんが『いい?』と言って私の中に入ってきました。私は恐くてお兄ちゃんにしがみついていました。
    一瞬、すごい痛みが走って『痛いよ。』と言うとお兄ちゃんは『ごめん。でもちょっと我慢して。』と言い、ずんずん腰を動かしました。
    だんだん私も痛みが快感に変わってきてしまい『ああ〜〜。お兄ちゃん、いいよ〜。気持ちいいよ〜。』といいながらお兄ちゃんにしがみついていました。
    しばらくするとお兄ちゃんは小さく声をあげて動かなくなりました。終わった後もお兄ちゃんは『きれいにしてあげるね。』と舐めて私の液をきれいにしてくれました。
    でも私はまた気持ちよくなってしまい、お兄ちゃんは『きれいにならないよ。後から後からでてくるよ。』と笑っていました。それから私たちは毎日のようにHをしています。
    お風呂や学校やデパートなど、いろんなところでしています。一度、お母さんが寝ている横でもしてしまいました(笑)。
    このままお兄ちゃんと離れることができなくなりそうで不安です。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年10月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
708さんのプロフィール
性 別 男性
地 域 神奈川県
系 統 普通系
職 業 職人
血液型 A型
大人のおもちゃ
セクシーランジェリー