私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないようです。


安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、利用してみたいと感じるかもしれません。


しかし、もちろんリスクもあります。


他の店と比べてあまりに安すぎるところは、売り物にならないだけの重大な理由があるという可能性も考えられます。


激安通販を利用する場合、そのお店の評判をネットでよく見てから判断することをおすすめします。


毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、この時期に獲れた個体を買いたいものです。


その次に重視したいのは見た目もそうですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。


通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。


手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。


また、店舗での購入、通販を問わず、評判のいいお店はよいかにを売っている可能性が高いです。


蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。


お知り合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。


何より新鮮さが落ちてしまうと、当然味も落ちることにつながりますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


危険回避の観点からも、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。


また、相手のことを考えれば、相手が在宅していそうな時間を指定して送ることが、相手に対する思いやりでもあります。


少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。


テレビを見て巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。


でも、テレビ通販を利用する前に、WEB上でもっと安く、あるいは同じ値段でもっといい蟹を買えないか一度調べてみたほうがいいでしょう。


WEB上の方がテレビ通販よりずっと多くの業者が競合しており、お得に蟹を買えることが多いから。


この一点に尽きるといえます。


ただ、ネット独特の詐欺や商品トラブルなどを避けたい方は、業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、お勧めだとも言えます。


ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。


とても有名なブランドがにの上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。


上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。


重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズと考えてください。


そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。


食用がにとしては、昔から日本各地でよく使われています。