ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。


誰でもズワイガニを選ぶとき全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て選んでいるかと思われます。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別のことを強調したいのです。


かにの重みを調べていますか。


見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという情けない事態になりかねません。


持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。


蟹は家族の食卓にも最適ですね。


蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。


蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などが一般に安価だと言われていますが、値段は蟹の種類やサイズによりけりですので、丸ごとの商品でも十分安く買えることが多いです。


お勧めするのには理由があります。


だって、蟹の美味しい食べ方といえば、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。


この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。


絶品の蟹を楽しみたい場合に、店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。


中には蟹で有名な温泉地もあるからです。


蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地では蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。


しかし注意点が一つあり、温泉は季節を問わず入れますが、蟹には時期があるので旬の時期を狙って行ってください。


松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。


松葉ガニと比べてみれば、おおむね大きさは小さいことが多いですが、産卵期前で、卵を抱えていて全体に濃厚な味なので、セコガニの熱心な愛好者が熱く語っています。


期間限定のかにで、11月から1月までしか漁の期間は決まっているのでその貴重さは際立っています。


ご馳走の代表格である蟹。


しかし、蟹を美味しく頂くには、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。


ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。


そこで、茹で蟹の基本的なやり方が分かっているかどうかが肝要であるといえるでしょう。


茹で蟹において大事なこととは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。


蟹全部を水に浸すようにすれば、失敗せず、美味しい茹で蟹を味わうことができます。