新鮮なかにが手に入る時期になるとかに好きならずとも、食べたくなるでしょう。


真冬にかに鍋にして食べれば、誰でも笑顔になれます。


鍋を食べたいとき、もうひとがんばりできれば、近所のスーパーからかにを買うのではなく、市場から直接手に入れるとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。


通販をまめにチェックして、かにを買うのもおいしい鍋への近道です。


店頭と違い、いくつもの通販業者から選ぶことができる蟹通販。


利用の際には、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、そこで注意すべきポイントを紹介しましょう。


詐欺まがいの業者はともかく、ちゃんとした業者なら、蟹通販専門のバイヤーが雇われており、他でもない専門家が産地まで買い付けに赴き、プロの目利きでもって、一定品質以上と認められた商品だけを買い付けてきます。


つまり、プロのお墨付きというわけです。


やはり品質は何より大事ですから、それを大切にしていそうな業者を選択するのがコツだといえるでしょう。


もっとも、これは蟹に限ったことではないですね。


蟹通販で蟹を買うのはいいものです。


しかし、美味しく味わうには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。


蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、どうすれば蟹を上手に茹でられるのかの知識があるか否かで全てが決まると言ってもよいでしょう。


さて、そのコツとは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。


たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。


そのやり方なら全体がきれいに茹で上がります。


紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、とよく思われていますが果たしてどうでしょうか。


紅ズワイガニを食べたとき、他のかによりおいしいものにあたったことがないとすればそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならおいしいということを知っておいてください。


ただ、非常に鮮度が落ちやすいので素直においしいと言われにくいのでしょう。


ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。


ズワイガニに限らず、当然のように全体の大きさだけを見て決めていることが多いでしょう。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別のことを強調したいのです。


かにの重みを調べていますか。


殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという悲劇は後を絶ちません。


重みは中身の充実度を示しているのです。