セコガニとはズワイガニの雌のことです。


場所によっては、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。


雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。


それに比べて、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、一般的には、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。


年末、テレビ番組でかにの産地直販を取り上げていて、通販のかにもありました。


これが、量もたくさん、大きくておいしそうだったのです。


送料がかからないならいいかと、お正月用を頼んでみました。


とはいえ、生鮮食品の通販は初挑戦だったため、本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、届いたかにを調理して一安心しました。


ぎっしり身が入っていました。


味もテレビの紹介の通り、嬉しいお正月になりました。


今でも家族でかにの話をします。


今年も買いたいです。


毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。


一番のポイントは水揚げされた時期です。


寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まった毛蟹が最もおいしい時期です。


見て選ぶとき大切なのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。


見た目にも新鮮そうで、持ったときに重みを感じられるものを選ぶとよいです。


持ったときの感じで、身の詰まり方などよくわかるでしょう。


購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けば大はずれのない買い物ができるでしょう。


我が家では蟹通販をよく利用するのですが、主人が特に蟹好きで、私や子供がほとんど食べない内に、一人で全部片付けてしまうのです。


私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で食べられるように今後はしたいなと思っています。


そこで、我が家で定番になっているのがポーションタイプの蟹です。


ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、鍋物系の料理、たとえば蟹鍋や蟹しゃぶなどにも、さばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。


小さいお子さんがいらっしゃる家庭でも、殻が剥いてあるので、蟹を味わいつくすことができます。


せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いかもしれません。


安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、メリットだらけのように思えますよね。


しかし、すぐに飛びつくのは禁物です。


常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、トラブルの多い業者や、詐欺まがいの業者であることも考えられるので、十分気を付けてください。


こういう場合は、その業者の評判を検索などで十分調べてから購入を考えるとよいでしょう。