蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので蟹通販をよく利用しています。


ですが、気をつけなければならないこともあります。


通販は届いてみるまで品物が見えないですから、蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。


普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。


また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。


解凍にはコツがあります。


何より、時間をかけて自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。


よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。


蟹のブランドにも色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。


蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。


一度その味わいを知ってしまうと、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。


ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。


脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。


蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認するのをクセにしてください。


皆さんは蟹通販を利用したことはありますか? 蟹通販では、北海道や山陰などの名産地から新鮮な蟹を取り寄せることが可能です。


しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、業者ごとに価格や送料、配達可能地域などの条件も違うので、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。


根気よく多くのサイトを見ていけば、格安に蟹を取り寄せることができる業者もあるでしょう。


とはいえ、安すぎる店には何かカラクリがありそうですから、レビューを参考にするなどして、蟹の新鮮さや業者の信頼性を十分確かめてから利用しましょう。


ズワイガニの選び方は、何が大事でしょうか。


ズワイガニというと、おそらく全体の大きさだけを見て選ぶ方が多数派でしょう。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別のことを強調したいのです。


持ったときの重量感を意識してください。


殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという悲劇は後を絶ちません。


持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。


セコガニとはズワイガニの雌のことです。


土地土地で違いがあり、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。


オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。


一方、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、多くは、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。