美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかと迷う方もいるかもしれませんが、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。


蟹鍋はポピュラーな食べ方の一つですが、それならポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。


また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。


こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。


美味しい蟹が食べたいですよね。


私も蟹が好きなので、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。


通販ではお店と違い、現物が見えないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。


普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。


それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。


解凍はプロでも気を遣います。


急がず焦らず、十分慎重に行うことが大事です。


初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。


無理のない価格で美味しいかにを食べたい。


贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。


かにを食べたい時に食べたいだけ注文するには通販のかにがぴったりだと思います。


かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、通販なら特筆物の鮮度のかにが即日発送で送られ、直接買いに行くより便利なのです。


そしてギリギリの価格設定でスーパーなどより安く購入可能が多く、申し訳ないほどのお得価格が実現したのです。


たまには変わったかにを販売してくれることもあるとか。


お知らせメールを受信設定にするのもいいでしょう。


蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。


現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。


近年、国産品は貴重になってきています。


食用の蟹の中では特に大型であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが古くから最も一般的とされましたが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。


タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つに花咲蟹があります。


皆さんはご存知でしょうか。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。


特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。


しかし、身肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身のボリュームも多い、大型の蟹です。


夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。