ミクロネシア基本情報

話題:海外基本情報
■正式名称
ミクロネシア連邦
■国旗
国旗:ミクロネシア
■国歌
ミクロネシアの愛国者
■首都
パリキール
■最大都市
ウェノ
■面積
約702ku
■人口
約108,155人
■宗教
キリスト教
■公用語
英語
■通貨
アメリカ合衆国ドル (USD)
■観光
ナン・マトール, パキン環礁, Catholic Belltower, マアップ, トナチャウ, Nipik En Lidakihka, マドレニム湾, フェファン, フィノール・フィンコル, Wanyan Beach
■ワーキングホリデー
ミクロネシアは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
観光査証および渡航認証
不要
30日以内の滞在は査証不要。
備考
出国用航空券、次の訪問国の査証(必要な場合)が必要。
パスポートの残存有効期間
ミクロネシア入国時120日+滞在日数以上必要。
■日本からの直行便
日本からミクロネシアまでの直行便はありません
グアムやハワイから乗り継ぎます
■国際免許証での運転
不可
■電圧
120V
■周波数
60Hz
■プラグタイプ
A(American),C(Continental),O(Oceania)
■気候
熱帯性で、年間を通じて比較的一定の気候。
■グルメ
タロイモ、ヤムイモ、パンの実、サツマイモ、ココナッツ、魚介料理
■お土産
ポンペイ 胡椒、アイボリーナッツのアクセサリー、木彫り
■時差
[トラック、ヤップ]
●日本との時差
冬時間:+1時間
夏時間:無し
[ポナペ、コスラエ]
●日本との時差
冬時間:+2時間
夏時間:無し
■治安
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
(国番号691)
1 ポンペイ州
 * 警察:320-2221
 * 消防:320-2223
 * 救急・病院:320-2213
2 チューク州
 * 警察:911(又は330-2224
 * 消防:330-2222
 * 救急・病院:330-2444
3 コスラエ州
 * 警察:911(370-3333)
 * 消防:370-3333
 * 救急・病院:370-3012
4 ヤップ州
 * 警察:911
 * 消防:350-3333
 * 救急・病院:350-3446
5 在ミクロネシア日本国大使館:320-5465320-6366
 *国外からは(国番号691)-320-5465(又は320-6366
■概要
ミクロネシア連邦、通称ミクロネシアは、太平洋のミクロネシア地域に位置するオセアニアの国家。
マリアナ諸島の南東、パラオの東、マーシャル諸島の西、パプアニューギニアの北ないし北東にある。地理的には、カロリン諸島と呼ばれる。
首都は、ポンペイ島のパリキールである。
漁業と農業(ココナッツやキャッサバ)が主産業で、魚介類を主に日本へ輸出し、生活必需品を主にアメリカ合衆国から輸入しているが、貿易額は赤字を記録している。IMFに加盟しており、歳入の約5割がアメリカからの援助額で、2003年から20年間で13億ドルを援助する予定で漁業・農業・観光による自立経済を目指している。

マーシャル基本情報

話題:海外基本情報
■正式名称
マーシャル諸島共和国
■国旗
国旗:マーシャル
■国歌
マーシャル諸島よ永久に
■首都
マジュロ
■最大都市
マジュロ
■面積
約181ku
■人口
約61,963人
■宗教
キリスト教
■公用語
マーシャル語、英語
■通貨
アメリカ合衆国ドル (USD)
■観光
エバイ, アルノ環礁, マロエラップ環礁, リブ島, Alele Museum and Public Library, Corlett Recreation Center, ビーチ・パープル・トゥー, ビーチ・グリーン・ワン, ビーチ・グリーン・スリー, ビーチ・パープル・ワン, ビーチ・グリーン・トゥー, ビーチ・ブルー・トゥー, ビーチ・グリーン・フォー, ビーチ・レッド・スリー, ビーチ・ブルー・ワン, ビーチ・ブラック, ビーチ・パープル・スリー, ビーチ・レッド・トゥー, ミリ環礁, ノックス環礁
■ワーキングホリデー
マーシャルは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
観光査証および渡航認証

現地空港で30日滞在可能な観光査証が取得可。
備考
現地空港で査証が旅券に押印される。出国用航空券及び十分な滞在費が必要。
パスポートの残存有効期間
入国時6ヵ月以上必要。
■日本からの直行便
日本からマーシャルまでの直行便はありません
グアムやホノルルを経由します
■国際免許証での運転
不可
■電圧
120V
■周波数
60Hz
■プラグタイプ
A(American),C(Continental),O(Oceania)
■気候
熱帯性気候
■グルメ
魚料理、スイートフルーツ、ノニジュース
■お土産
パンダナス、タペストリー、ココナッツソープ、ココナッツオイル
■時差
[日本との時差]
冬時間:+3時間
夏時間:無し
■治安
マーシャル諸島共和国の一般的治安は比較的良好だとされています。殺人,強盗等の凶悪犯罪の発生は極めて少ないですが,盗難,自動車事故,空き巣狙い等が多く発生しています。特に飲酒運転による事故が多いので注意が必要です。但し,警察の対応が非常に遅いので,事件に巻き込まれた際は,警察に通報するのと同時に,念のため大使館に連絡してください。
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
<マジュロ環礁>
 ◎警察,消防:電話625−8666
 ◎地方警察:電話625−8999
 ◎救急,病院:電話625−4144
<イバイ島>
 ◎警察:電話329−6911(消防と同じ)
 ◎地方警察:電話329−5911
 ◎消防:電話329−6911(警察と同じ)
 ◎救急,病院:電話329−9911
 ◎在マーシャル日本国大使館
 電話:247−7463
   国外からは(国番号692)-247−7463, ファックス:247-7493
   国外からは(国番号692)-247−7493
■概要
マーシャル諸島共和国、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国。
ミニ国家の一つであり、「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。
ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。
主要な輸出品目はコプラと魚介類だが赤字が続いている。
アメリカ合衆国からの援助に続き経済基盤の整備と外国資本の導入と漁業・観光業の振興を促進している。台湾と国交を樹立している。
便宜置籍船を誘致しているタックス・ヘイブンのひとつであり、世界有数の船籍国の一つである。

フィジー基本情報

話題:海外基本情報
■正式名称
フィジー共和国
■国旗
国旗:フィジー
■国歌
God Bless Fiji
■首都
スバ
■最大都市
ナシヌー
■面積
約18,274ku
■人口
約858,038人
■宗教
宗教
キリスト教、ヒンズー教、イスラム教
■公用語
英語、フィジー語ヒンドゥスターニー語(ヒンディー語、ウルドゥー語)
■通貨
通貨 フィジー・ドル (FJD)
■観光
ママヌザ諸島, デナラウ島, スリ ジヴァ スブラマニア寺院, クラ・エコ・パーク, Monuriki, フィジー博物館, サーストン・ガーデン, Nananu-i-Ra, アルバート・パーク, トマニイビ山, マーナー島, マロロ・ライライ諸島, Castaway Island, タバルア島, ヤサワ島, Sigatoka River Safari, Big Bula Waterpark, Nadi, Fiji, ワカヤ, Uprising Beach Resort ホテル, ガーデン・オブ・ザ・スリーピング・ジャイアント, コロヤニトゥ山, Sigatoka Sand Dunes, Botaira Resort, マコガイ島, Ono Island, ラビー島, Maqai Beach, Papageno Resort, キオア島, スヴァ港, マゴ島, Caqalai, ビーチ, モトゥリキ島, ヌクラウ島, パーム・ビーチ, マトゥク島, Cuvu Beach, Nausori Highlands, Waitabu Marine Park, トトヤ, Momi Battery Historical Park, カバーラ島, Kila WORLD, カナセア島
■ワーキングホリデー
フィジーは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
観光査証および渡航認証
不要
4ヵ月以内の観光は査証不要。
備考
フィジーを出国する為の証明(航空券等)が必要。
パスポートの残存有効期間
入国時6ヵ月+滞在日数以上必要。
■日本からの直行便
日本からフィジーまでの直行便はありません
直行便が出ている第三国を経由します
現在ソウルで乗り継ぐ大韓航空、ポートモレスビーで乗り継ぐニューギニア航空、ヌメアで乗り継ぐエアーカランがあります。
詳細は各航空会社へお問い合わせを。
■国際免許証での運転

■電圧
240V
■周波数
50Hz
■プラグタイプ
C(Continental),O(Oceania)
■気候
貿易風帯気候
■グルメ
シーフード、ロボ料理
■お土産
ココナツ石鹸、タパクロス、フィジー産ラム酒、フィジービール、木彫り製品等
■時差
[日本との時差]
冬時間:+3時間
夏時間:+4時間
■治安
フィジーでは,スリ,ひったくりなどの窃盗,強盗及び性犯罪が多く発生しており,特に暴行・傷害事件等が増加傾向にあります
日本人旅行者の被害の多くは,防犯対策を怠った油断による窃盗,置き引き及び詐欺等です
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
◎消防:電話 911 又は 910
◎救急:電話 911 又は 910
◎警察:電話 917919919
◎在フィジー日本国大使館:電話 330-4633
      国外からは(国番号679)330-4633
■概要
フィジー共和国、通称フィジーは、オセアニアの国家で、イギリス連邦加盟国である。
首都はビティレブ島のスバ。南太平洋のフィジー諸島と北に500km程離れた保護領のロツマ島に位置する島国である。
300余の火山島と珊瑚礁からなる。
西にバヌアツ、東にトンガ、北にツバルがある。
主に農業や衣料や観光で成り立っている。観光で得る収入は2億7000万ドルにのぼり、耕地面積は26万haある。農業に従事する人は13万人いる。
貿易は大幅な輸入超過である。
輸出品は、野菜や果物、アメリカで人気の高いフィジーウォーター、砂糖、マホガニー、パルプ、衣料品、コプラ、ココナッツ石鹸、食料品などである。

パラオ基本情報

話題:海外基本情報
■正式名称
パラオ共和国
■国旗
国旗:パラオ
■国歌
我等がパラオ
■首都
マルキョク
■最大都市
コロール
■面積
約458ku
■人口
約20,303人
■宗教
キリスト教等
■公用語
パラオ語、英語
(アンガウル州は上記2言語と日本語)
■通貨
アメリカ合衆国ドル (USD)
■観光
ジェリーフィッシュレイク, ロックアイランド, ベラウ国立博物館, アンガウル州, Etpison Museum, Nikko Bay, German Channel, パラウ水族館, ローズ ガーデン リゾート, Jellyfish Lake, イングリッシュメンズ・ビーチ, ビーチ・オレンジ・スリー, ビーチ・オレンジ・トゥー, ビーチ・オレンジ・ワン, スカーレット Beach1, World War II Japanese Communications Center, ブラディ・ビーチ, Nguruhei Beach, ホワイト・ビーチ, ブラディ・ビーチ, ビーチ・ホワイト・ワン, ノース・ビーチ, オレンジ・ビーチ, ゲルチェレチュース山, アンバー・ビーチ
■ワーキングホリデー
パラオは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
観光査証および渡航認証
不要
30日以内の観光は査証不要。
備考
往復航空券が必要。
パスポートの残存有効期間
入国時6ヵ月以上必要。
■日本からの直行便
日本からパラオまでの直行便は成田から出ています。
■国際免許証での運転
不可
■電圧
110〜120V
■周波数
60Hz
■プラグタイプ
A(American),O(Oceania)
■気候
熱帯性気候
■グルメ
マングローブガニ、ロブスター、ヤシガニやシャコの刺身
■お土産
パラオフルーツクッキー、木彫り
■時差
[日本との時差]
冬時間:0時間
夏時間:無し
※パラオと日本には時差はありません
■治安
パラオでは,近年泥酔者や薬物中毒者による殺人,強盗などの凶悪犯罪が増加しています。2012年2月には在留邦人が殺害された事件も発生しました。また,外国人(日本人を含む)を狙った家屋(ホテル)侵入,空き巣などの被害が増加しています。
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
◎警察・消防・救急車:911
◎消防署,:488−1411
◎警察暑:488−1422
◎病院:488−2558(緊急),488−2552(代表)
◎在パラオ日本国大使館:(+680)488−6455/6456
■概要
パラオ共和国、通称パラオは、太平洋上のミクロネシア地域の島々からなる国である。首都はマルキョク。
2006年10月7日に旧首都コロールから遷都した。
日本との時差はない。
漁業とココナッツなどの農業、観光が主産業で、歳入のほとんどがアメリカ合衆国からの無償援助である。
公務員の削減による緊縮財政政策や、観光や軽工業の振興を奨励している。
温暖な気候と美しい海を求めた日本や韓国、台湾などの近隣諸国からの観光客が多く、それらのための大規模なリゾートホテルが数多く運営している。
また、美しい海やサンゴ礁と合わせて、第二次世界大戦時に沈んだ船舶や航空機を売りにしたダイビングも盛んであり、多くのダイビングショップがあるほか、日本などからダイビングツアーも企画されている。

パプアニューギニア基本情報

話題:海外基本情報
■正式名称
パプアニューギニア独立国
■国旗
国旗:パプアニューギニア
■国歌
すべてのものよ立ち上がれ
■首都
ポートモレスビー
■最大都市
ポートモレスビー
■面積
約462,840ku
■人口
約6,732,000人
■宗教
キリスト教
■公用語
英語、トク・ピシン、ヒリモツ語
■通貨
キナ (PGK)
■観光
セピック川, ウィルヘルム山, タブルブル山, オーエンスタンレー山脈, ギルウェ山, ミルン湾, キタバ島, ポート・モレスビー自然公園, エラ・ビーチ, ボタニカル・ガーデンズ, クチュブ湖, Amelia Earhart Memorial, World War 2 Plane Wreckage, ナショナル・ミュージアム, Bootless Inlet, ブランチ湾, Student Centre, ダル, Rainforest Habitat, シンバーリ島, ドブ島, ロスネグロス島, エミラウ島, パラマ島, Lanisso Bay, パナポンポム島, ユール島, フェアファックス港, マクアダム国立公園, ウブル島, Mt Hagen Show Grounds, ビクトリア山, Lassul Bay, ウォーターフォール湾, Baiyer River Sanctuary, トソイラウナング島, パナイーティ島, ハンザ湾, ボケオ島, Kangu Beach, ハーゲン山, サーカル島, スター山地, ヌアカタ島, アルバート・エドワード山, バルアン島, バガマン島, バンゲタ山
■ワーキングホリデー
パプアニューギニアは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
観光査証および渡航認証

観光査証の滞在可能日数は60日。
備考
60日以内の個人観光の場合、ポートモレスビーのジャクソン空港で査証(シングル)取得可(団体不可)。詳細はその都度確認。
パスポートの残存有効期間
入国時6ヵ月以上必要。旅券の未使用査証欄が4頁以上必要。
■日本からの直行便
日本からパプアニューギニアまでの直行便は成田や関空などから出ています
■国際免許証での運転

■電圧
240V
■周波数
50Hz
■プラグタイプ
O(Oceania)
■気候
熱帯雨林気候。5〜11月が冬(乾期)、12〜4月が夏(雨期)。
■グルメ
シーフード
■お土産
コーヒー
■時差
[ブーゲンビル島を除くエリア]
●日本との時差
冬時間:+1時間
夏時間:無し
[ブーゲンビル島]
●日本との時差
冬時間:+2時間
夏時間:無し
■治安
パプアニューギニア(以下PNG)では依然として失業者や生活困窮者が多く,これら困窮者や失業した若者グループによる金品強奪を目的とした犯罪が頻発しており,治安の悪化に歯止めがかからない状況となっています。
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
[ポートモレスビー]
◎警察:電話 112
◎消防:電話 110/325-5188
◎救急:電話 111/341-1028
◎在パプアニューギニア日本国大使館:
  電話(675)321-1800(内線)509
  ファックス(675)320-0972(領事警備班)
  夜間・休館日:7695-7766または7685-2319
■概要
パプアニューギニア独立国(パプアニューギニアどくりつこく)、通称パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家。
東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。
オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国。
前の記事へ 次の記事へ