日々徒然
prof []
bookmark

イラストなど




拍手お返事とかイラストとか
2018.5.20.Sun 22:01

妹の通称「可愛い可愛いウチのM」は時々、私の背中に耳を着け、鼓動を聞く事がありました
大概、突然私の背中を叩き

「お姉ちゃんの心臓は時々止まるから気持ち悪い!」

と怒鳴りました
「気持ち悪い」とかいうレベルの話では無いと思うのだけど



13日〜16日に一回ずつ拍手頂きました
ありがとうございます


pixivにオリジナルの水彩画『紫水晶』一枚、Instagramに『紫水晶』の下絵、増やしました
お暇でしたらご覧下さい

(0)


話を聞かないヒト
2018.5.19.Sat 23:15
[メンタル病んでます]

父が言うには
「ママは、本を読むと、最初と最後だけ読んで真ん中作っちまう」
母はそれを聞いて笑ってるだけです

実際、母はオカルト漫画雑誌一冊を読み終わるのに、二ヶ月以上かかります
真ん中を作ってしまう様な読み方してたら、もっと早く読み終わるでしょうよ

父こそが、人の話を「最初と最後だけ」聞いて「真ん中作っちまう」んです

父に話しかける時は、兎に角、短い文章で

しかし、周りがそんな気をつかって話してやっても、ちゃんと理解する気が無い

何時も周りの人達に
「最初と最後だけ話を聞いて、真ん中聞いた気になってる!!」
と怒られる度、急に母に向き、
「ママは本読む時は、いっつも最初と最後だけ読んで、真ん中作っちまう」
と笑う
余計に怒られるのですが、「ママ」さえ
「そうね、パパ」
と言えば世界は須らくそうなるべき、と決めていて、現実には興味が無いので、2人はどんどん人間から離れていきました

人間じゃ無いです、もう

(0)


名前の話
2018.5.18.Fri 22:54
[メンタル病んでます]

父と私の名は一文字同じです

私の名は父方の祖父がつけたのですが、理由は
「名前に同じ字を使えば少しは愛情も湧くかと思った」

父は何故か、祖母がいっ時名乗っていた名前を私が貰った、と言い張ります
「自分の娘でもなく、姉ちゃんの娘でもなく、俺の、子に、名前をくれたんだ」
と言い張ります

その祖母の形見分けの時、親戚が集う中、試しに
「私の名が入っているようなもの、ある?」
と聞きましたが、当然、有りませんでした
いっ時でも名乗っていた名前なら、この名前の入ったものが出てきても良さそうなものです

それでも、この後帰宅してから、やっぱりクソ親父は、
「お前の名前は、ばあちゃんから貰ったんだ」
と言い張りました


父と名前が似ていて困るのは、郵便物
父は、宛名を見て、自分宛ではない、と思うと、捨てます
私に聞く、とかしません
捨てます

統合失調症が酷くなり、実家に戻って来てしまってから、市の健康診断の知らせとか、来ないな、と思っていました
両親に聞くと
「ここはそういうの、来ないから」
と言う
両親宛には来ているらしいのに

ある時、ふとゴミ箱を見ると、私宛の郵便物が捨てられていました
クソ親父に
「いつになったら、私の名前を、自分の娘の名前を覚えるんだ!!」
と叱ったのですが
「自分宛じゃないから要らないと思った」
一点張り
終いには、母が
「パパが要らない、って判断したんだからそれで良いじゃない!」

良い筈が無い

(0)


弁当の話(4)
2018.5.17.Thu 22:38
[メンタル病んでます]

高校の時、母がパート先の会社の社員旅行で(本当に旅行に行ったのか、矯正施設に入ったのかは解りませんが)数日、家を空ける事になりました
私はクソ親父に、何日も前から、
「弁当は自分で作るから」
と言い聞かせ、クソ親父も確かに
「わかった」
と言いました

しかし、朝早く台所に行ってみると、弁当が作ってありました
用意してあった材料は何も使われていませんでした
「要らない、自分で作る、って言ったよな?」
クソ親父に言いました
「言った」
とクソ親父は答えました
「明日は、要らないから」
そう言い聞かせ、
「わかった」
と言わせました

翌日、前日より早く台所に行くと、クソ親父が弁当を既に作り終えて、得意げにしていました

その翌日、更に早く起きて台所に行くと、やっぱりクソ親父が弁当を既に作り終えていました
「余り早く起きないでくれ。パパも辛いから」
とクソ親父は言いました

「だから、作るな!」

クソ親父に強く怒ったのですが

その日、夜のうちに弁当を作って冷蔵庫に入れておきました
翌朝、私の作った弁当は、中身をすべて捨てられて、新たにクソ親父が作ったものが弁当箱に詰めてありました
「パパが作ってやったぞ!これくらい親がしてやるもんなんだろ!」

クソ親父が作った弁当を捨て
クソ親父の財布から昼食代を抜き取って学校に行きました

母が帰って来ると、クソ親父は母に得意げに
「ミノリの弁当作ってやった!親ならこれくらいしてやるもんだ!」
と報告していました


クソ親父は嫌がらせしかしない

(0)


弁当の話(3)
2018.5.16.Wed 22:32
[メンタル病んでます]

高校時代は、自分で弁当を作ろうと、入学準備の時に、新しい弁当箱も買いました
弁当作りの為の本も買いました
その上で、母に
「学校へは自分で弁当作って持って行くから」
と宣言し、母に了承を得ました

なのに
入学前日になって、母は急に不機嫌そうに
「弁当くらい作ってあげるから!それくらい親がしてあげるから!」
と言い出しました

断りました

何度も何度も断りました

でも、聞き入れない

寧ろ叫び声を上げて暴れ出しました
いくら母でも、ここまでの反応は流石に珍しく、仕方なく、母方の祖父母に事情を話し助けを求めました
祖父母の話だと、この数日、母方の祖父母、父方の祖母と伯母達が代わる代わる母に
「たまには弁当くらい作ってやれ!」
と説教したとか
そして、母はそれを不承不承受け入れた、と

不安でいっぱいでした

翌日
「朝早く起きてわざわざ作ってあげたんだから!」
と母が差し出した弁当は、解凍した冷凍食品がギッシリ詰まっていました

以降、卒業まで、母が作る弁当は、冷凍食品ばかりが詰まり、時々スペースを埋めるのにプチトマトが入っているくらいでした

しょっちゅう意地になった母と
「これくらいなら自分で作る!」
「それくらい親がしてやる!」
でケンカになりました


妹は毎日「何か買って食べるから」と月々の小遣いの他に毎日千円、親から受け取ってました

「子供の金銭感覚がおかしくなる!」
と誰にどう怒られても聞かず、それどころかクソ親父は、手元不如意になると、母方の祖父母の元へ行き、恥ずかしげも無く
「可愛い可愛いウチのMの為に小遣いを出せ!」
と手を出して酷く怒られたそうです
流石の祖父母も
「Mの為にならねえ」
と金を出さなかったそうで、どう工面したかは知りません

(0)



<<・・・>>











11709


-エムブロ-