スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

分かれ道

分かれて違う道で別のものを追いかけていたらある時、ばったりと再開し、追い求めるものは同じになっていました。

石の記憶

近所の神社にある石の構造物を寄贈した人の名前が、その石に刻まれて伝わっています。遠い昔、江戸時代の人です。今日、私が読んだその文字を、私の居ない遠い将来の誰かも目にするのでしょう。

渋柿の木を根本から切り倒したことがありました。切り口の様子から木は一本ではなく、二本の木が成長するに連れて大きい方の木に小さい方が呑み込まれたことが分かりました。昭和の初め頃までは二本の木が接して立っていたようです。

アイディア

昔、夢をメモしていたことがあります。枕元に筆記用具を置いて眠るというものです。夢の中で、これは名案だ、と思って目が覚めた時には、その素晴らしい思いつきを記録して、また眠ります。しかし朝になってそのメモを読み返した時に、これは良いアイディアだ、と思ったことは一度もありませんでした。

2016.1.16-2

Today, it was sunny at morning, but it was rainy at night.
I think there is much rain or snow here in winter. I am depressed in about January every year.
2018.1.16
前の記事へ 次の記事へ