こんにちは。
拍手ありがとうございます。
もぅ自分の筆の遅さに嫌気がさして
更新すっ飛ばそうかと思っちゃった。
でも自分のために頑張って纏めます。



コンビニから

【近くの神社行こー面白いのあるらしいよ!】

って言うゆっきーの提案で、そちらへ移動。

神社前には車が止められるスペースがあり
そこから歩いて中へ。
奥は電気がついてるけど100m程の参道は両脇を木に挟まれて真っ暗。
怖いとかは全然なかったんだけどね。
足元をスマホで照らしながら進む。

すると、出てきました!
本殿の手前に、それはそれは立派な

男根が!(笑)

性器を祀った神社とかって多いけれど
初めて見ました!
ゆっきーも初めて見たんだって。

凄い!結構リアルー(笑)と2人で笑いながら
まぁそれだけなんだけどね(笑)

車に戻ってまた少し話してて
【舐める?】って…(笑)


話題:ほんのりえっちなお話。


「ここで!?罰当たりな!」

【そーゆーとこでしょ!】

「いや、それは祀ってあるけど
そーゆーとこでは無いでしょ(笑)」

最初はお互いに冗談だったんだけど
結局始まってしまいました。

「あ!でも舐めたらチューしてくれなくなる!」

【当たり前じゃん!】

「当たり前じゃなぁい〜!」

【嫌だ!汚い!(笑)】

「汚くない(笑)
出したあとでもキスするのが愛よ!」

【絶ぇ〜っ対やだ!】

「分かち合うのが愛なのよ!(笑)」

なんてワーワー言いながらキスしようとしたら
うぅ〜って顔をしかめて
耳たぶを差し出すゆっきーが可愛くて
耳たぶにちゅっ。

でもその後、唇でも一瞬だけちゅっ!
キュッと引き結んでたけどね(笑)
それでも嬉しくてフェラ続行。

「今日は苦い〜ちょっと蒸れたニオイもするし…」

【マジ?なんでかな?】

「1日お仕事頑張った後だからじゃない?」

【嫌?】

「嫌じゃないよ」

【じゃあ舐めて綺麗にして】

「うん」

ジュルジュルと隅々まで舐めるのを
【ほんと嬉しそうに舐めるね】って頭を撫でてくれる。

そして…

【外でしよっか…】

流石に神社の中は罰当たりなので手前の木陰で。

でも普通にゆっきーが立ってると高さ的にしにくい!
下が土だから膝付きたくないし
でもしゃがんでしまうと全然届かないし!
中腰になったりしながら結局片膝だけ下に付いた。
流石にセックスは自重したよ。

最後にゴックン。
何か…すっごい甘かったんだけど!!!
その後車に戻ってまた少し話して、
その時に、ちゅってお口にしてくれたの(笑)
相変わらずのしかめっ面で一瞬ね(笑)
でもすごぉく嬉しかったんです。

その後はYouTubeで音楽聴いてた。
そろそろ帰らないといけない時間なのに
【10分まで!】【半まで!】って伸びて伸びて。
一緒にいたいと思ってくれるのは凄く嬉しいの。
でも、あまり遅くなると取り返しつかない事になるし
「箭子と離れ難いって言うのは嬉しいけど
そろそろ帰らないと( ´ ` ;)」
↑これを言う方だって断腸の思いなのに
ゆっきーときたら【じゃああと5分ねー】って。
結局大幅に予定をオーバーして解散しました。

楽しかったし嬉しかったこともあったし
会えて良かった。




会えて良かったのに…。

思い返すとなんか、あれってもしかして…
とか悪い方悪い方に考えが転がってしまうんです。

今の私本当に面倒くさいタイプになってる。

不安に取り憑かれてウジウジ。
(そのせいで更新する気が落ちてるのもあるの。)

でもそれってゆっきーが不安要素作って
それなのに安心させてくれないせいもあるもん。
ちょっとくらい面倒くさくなってもいよね?
ダメかな?ダメかなぁ…(´._.`)