マニア

頭痛が1ヶ月くらい続いている。
仕事に行けないわけじゃないけど、やっぱり痛くて、不快で、ぼやーっと眠いしとにかく不調。

昔から私の頭は大丈夫なのかという不安はあったから、これを機に脳神経外科へ。

脳のCT初体験。

まぁとりあえず異常ないって。
わかってたんだけどさ笑笑

普通に今までの経歴と、ここ最近の不調話をしたら、先生に速攻で

「ストレスです (・∀・)」

って言われたわ。
脳に異常ないし、とにかくそれしかない。
と言われる。

胃腸も、頭も、痒みも。
もう私、病気マニア過ぎて嫌(・∀・)

イメージング

「彼とどうなりたいの?」

いろんな占い師に言われてきた言葉

「トレーナーと客の関係を超えて付き合いたいという覚悟が足りない」

なんとなくわかっていたこと。
傷つかずにうまくやりたい。
そんなことを多分思って彼と関わってきた。

自分が目を背けてきたことだったと思う。
傷つきたくないという気持ちがいつも先行する。
自分を守るために、傷つかないように、先回りして考えて。
傷ついたら、ほらやっぱりね。
先に考えといてよかったじゃない。よかったね傷が浅くて。

やっぱりプライドが邪魔をしている。

思っていることは現実化してしまう。
不安に思ってたら、そういうことが起こってくる。

だったら。

彼と幸せである。彼と幸せになる。
そのイメージを忘れてはいけないよね。

彼といると幸せよ!


新職場

新職場ー!やっぱり気疲れしまくり。
スーツだし、歓送迎会もあったし、
とりあえず疲れた。

そんななかダーリンから、メールが!!
「トレーニングの日程この時間でいいです??」
はい、業務連絡です^^

彼は業務連絡だと、わりとパンパンLINE出来るのに、それ以外のプライベートの雑談が、本当に出来ない。
なんか嘘でしょって思うレベルで、本気でLINE出来ない不器用レベル。

「先生とLINEしてホッとしたよ^^」
というLINEは華麗にスルーされました笑笑

でも、ホッとしたから、伝えたかっただけだし、もっと彼の前で素直な自分でありたいと思ってる。
自分が話したい、伝えたいと思ったことを話すんだ。それの返信は期待しない。

好き、安心する、ホッとする
こういった思ったことを、恥ずかしがって、思いを押し込めるのではなく、思った時に素直に伝えることに慣れよう。
逃げないで、少しずつ。

異端児疑惑

明日から職場が変わると思うと、やっぱりそわそわしているのかな。

というか私、普通に1週間前から体調不良。
熱もないし、風邪ではないけど、眠いし、頭痛い。とにかく頭痛が辛い。
頭痛持ちじゃないんだけどなぁ。
どこかどうしてこうなったのか。
自律神経失調症とかだと思うんだよね、私。

ホルモンのバランスが崩れるんだと思う。
春とか秋とか寒暖差激しいし、気圧差とか、そういうのにマジでやられてるんじゃないかと。

週5でフルタイム働くことが真剣に厳しく感じている。
世の中に適応出来ないよう…

2年目の春が来るよ!

まぁ苦しくならないと言ったら嘘になるよね。

占いの先生に言われた言葉。

うん。わかってる笑

彼と週2ペースで会ったら、もっと親密になりたいって思うだろうし、もっとラブラブしたいって思うだろうし。
逆に、なんでもっと近づいてくれないの?歩み寄ってくれないの?って思うだろうし。

彼に「もっと」って、いろいろ求めてしまったら苦しくなってしまう。
去年の夏の泣いて暮らしてばかりいたあの頃を、恋愛うつで抜け殻になってしまった自分を、辛くてもどかしくて、心が悲鳴をあげていたあの頃には二度と戻りたくないと思ってしまうの。

ようやくここまで回復したのに、また彼と会う回数を増やして、負荷をかけて、あの頃に戻ってしまうのではないかという不安。それはたしかにある。

だけど、このままでは本当に何も変わらない。
なんだかなーと言いながら、だらだらと彼と2週に1回会うだけ。
別に悪くはないけど、やっぱり自分の心の成長を試されているのだと思うんだ。

1年経って築き上げてきた絆は絶対にあって、去年の自分とは違う気持ちを抱けるか。
またひとつ、本当の愛に近づけるか。
彼の反応で全てが左右されてしまう自分を少しでも変えることができるのか。

どこまで成長出来るのかわからないけど、
これからも情緒不安定になるんだろうけど、
てか今も情緒不安定だけども笑

このままの状況が、なりたい私ではないと思うから、頑張ろう。

やっぱりわたしは頑張るのよね笑

でも辛くならない程度に。
おかしくならない程度に。

彼と、2年目の春が来ます^^
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年04月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー