ジューンブライド

友達の結婚式で函館に!
ひさびさに高校の時の友達に会えたし、いつもの友達にも会えたし。
良いお式で、普通に号泣。
幸せそうで感慨深いものがあったよ。
人と人とのつながりを感じるし、あったかいなぁって思う。家族と家族の縁も素敵だなぁ。

胸いっぱいお腹いっぱい。
でも、私にはそれどころじゃないことがあって。

この結婚式が終わったということは、私のタイムリミットが迫っているということ。

寂しくて悲しい。辛い。
もっと一緒にいたかったよ。
いろいろもどかしくて、
帰りの電車は、ボロボロ泣いてしまったよ。

ぎりぎりまで悩むし、悩みたい。
後悔しない最後をだから。

告白

告白するって決めて、いつもお世話になってる占いの先生にそう伝えたんだけど、
6月に言うのはやめた方がいいって言われてしもうた。

占いの先生は、私が、告白しようと思ったとか、行動に移すこと自体を辞めた方がいいって言ったわけではなくて、彼が金沢に行ってからの方がいいとのこと。

占いの先生は、私と彼の繋がりが深いことや、私と彼の恋が成就してほしいって思ってるから、時期とタイミングを間違えなければ、うまく行くって前から言ってくれてて。
その先生が6月はうーんって言うんだから、相当なんだなぁ。次へのスタートを想像出来るような言い回しにして、付き合うかつきあわないか白黒ハッキリさせる状態は、金沢に行ってからの7月か8月がいいって。

かつ言ったところで、彼が白黒ハッキリさせるとは思わないしね。
まぁ、私が素直にしたいと思ったことが全てで、占いでそう言われたからって、変えることばかりではないことも占いの先生はわかってるんだけどね。

だって、私が彼の最後は6/28なんだよぉおおお!!!!

函館行くから、長時間列車の中で一人、
考える時間はたくさんある。
もう一度かんがえる。

後悔のない最後を

私が告白して、彼がどうしたらよいのか困ったとしても、
彼が忙しくて大変な時期に言われて困ったとしても、

それは彼が判断することで、そしてそれは私が告白してみないとわからない。

そして仮に彼が困ったとしても、私を嫌いになるかだってわからない。

そして彼は、私が告白したからって私を嫌いになったりしない。

彼を信じきる。

そう思ったら、告白しようって思えた。

そして、そう思ったら、やっと告白出来るんだって思えてきた。

1年半、先生と生徒の関係で、言いたいけど、言えなかった関係をようやく壊せるんだと思った。

どんな結果になったとしても、彼に伝えたい気持ちをちゃんと伝える。

それが出来たら、絶対スッキリするし、絶対成長出来る!不安で動けなかった自分を変えられる!

私、彼に告白する!!

岐路

異動を告げられてから、ずっとずっと
自分自身の感情の表出を行なっている。

彼への感謝の気持ちを伝えたい。
幸せだったと伝えたい。

それは間違いないのだけど。

占いの先生に、もっと思ったこと言った方がいいんじゃないって言われる。
もっと思ってることあるはずって。

私は、なんだかんだで、我慢してるんだって。
自分はどうしたいのか。
彼とどうありたいのか。

後悔しないで、素直になってって言われるの。

勝手に結果を決めないで。
やってみないとわからない。

それもそうなんだけど。

彼に告白したいのかな。私。

でも時期じゃないって思ったんだけど。

でも本当は告白したいのかな。

ギリギリまで、自分自身と向き合う。
まだどうしたいか、見えてない部分も多いけど、これは私にとって必要な作業であることはわかる。

自分と向き合えばあうほど思うのは、
多分私、人生の岐路にたたされてる。
ちゃんと決めないと後悔する。

彼と疎遠にはならないと思うけど、そういうことではなくて。

ちゃんと逃げずに、向き合え自分。

楽しい

異動の話を聞いてから、初めてのジム。
あんなに泣いてたとは思えない程のハイテンションで、彼と楽しくいられた。
金沢の話も普通にして、友達のように楽しく会話して。
無理してたわけじゃない。心から楽しんでるから、簡単に笑顔になれたんだ。

あー!楽しい!!
そう思って、大きな声で笑って。
彼に楽しそうですねと言われて。
すごい軽いふわふわとした感覚。
ポンポン話が弾む。

こんな日々をもっと続けたかったな。

彼が沖縄に行けなくなったから、1回分だけ増やしてもらえそう。
残り4回。
最大限笑顔で彼との時間を噛み締めて楽しく過ごす。ただそれだけ。


前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年06月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー