「おはよう」

日曜日の朝です。何から書こうか。


前回はクソ女(元カノ)のツイートを見て発狂してた記事だったか。

その後、僕はまたカウンセリングを受けに行きました。
もう行かなくてもいいやって思ってたんだけど、あまりにもつらすぎて。


ただ、またカウンセリングに行く前に病状は少し良くなってて、カウンセリングとかどうでもいいなあ、行きたくないなあと当日になって思った。
僕の強い不安感みたいなのは、パニックみたいな感じで、それが起きてる時が一番つらいから。


相変わらずRとのやり取りは続けていた。続いていた。
相変わらず、「居なくなる詐欺」をされていました。ただ、そのクソ女のツイートを見て僕が発狂した日。それが夜だったんだけど、その日の昼間にRに一回怒ったんだよね。

「いつもそうやって居なくなる詐欺をして僕の注意を引こうとするのは卑怯だよ」って。
そんなこと言うともうダメかなって思ったんだけど、
「すいませんでした。」と返信がきた。


その後、僕は例の件で夜に発狂をして、またRに当たり散らしてしまった。
今度こそRとの関係は終わったなと思ったんだけど、翌日は割と普通にやり取りをしてくれた。


発狂した翌日、僕は久しぶりに曲を作った。
(このブログに僕が音楽やってる(やってた)ことって書いたことあったっけ。まあいいや。)


このクソみたいな気持ちを全部曲にしようと思って、曲を作った。
Rとの共通の趣味なんだよね。音楽。Rも作曲をする。だからこの人に聴かせたりした。
ネットにも投稿してるので、アップロードをしてリンクもTwitterに貼っておいた。だからクソ女も聴いたと思う。


僕の感情を曲を通してぶつけた。久しぶりに曲を作ったなあってなった。
その日の夜にもう1曲できた。


翌日。話が前後したけど、この日がカウンセリングの日でした。
朝起きたら、やっぱり寂しさというかソワソワするような感覚があった。Rから返信がこなかったり。そんなことで気分が落ち着かない。

なのでまたパソコンを開いて朝からを作曲した。
カウンセリングが面倒になったのは作曲をしていたからっていうのもあった。その日のうちに完成させたいから。
午前中になんとか全体が完成できた。とても良い曲。



片道1時間半かけて、カウンセリングルームに着いた。

早めに着いた。
待合室で待っていたのだけど、そこで流れてるテレビの音が煩わしかった。
(こういった症状も説明しておけばよかったなと思った。でも次行くのは最低でも3週間後じゃないかなって思ってる。)



名前を呼ばれたのでカウンセリングルームに向かった。
「次回までにやっておくように」と言われた課題についての話から切り出した。

なかなかうまくいかなかったことを話した。
また前回と同様、こうなってしまった(鬱になったこと、人に依存するようになったこと等)の原因探しをした。


でも僕が思ってたほど、原因ばかりをカウンセリングで考えるわけでもないのかなって思った。

これもまた聞いておけばよかったと思ってることの一つなんだけど、もし原因が特定できたとしたら、次は何をすればいいんだろうね。それがわからない。
「こうなってしまったのは、ゴミみたいな親のせいでした」ってなったとして、じゃあ何をして解決していくんだろう。


対話を続けていくと、少しだけ見えてきた部分があった気がするけど、あまり進展はないようだった。
50分のカウンセリング。体感だと15分くらいに感じる。あっという間に終わりの時間になる。


そしてまた、次回までにやってくることができた。
今回は(今回も)、それは明確だった。


次回までにやることについては、帰りの電車の中でずっとRに話していた。今日あったカウンセリングでのこと。
割とずっと話を聞いてもらってる気がする。ブログに書くよりかはあまり抵抗がない気がして。



やることの一つとしてここに記載できるのは、
「暇な時間を作らないようにすること」でした。

まさかカウンセラーさんがそういうことを言うとは思っていなかった。
割と鬱を和らげる方法として、知られているやり方で。僕の中ではただの対処療法でしかないと思っていたんだけど。


「嫌なこと、嫌な考えがあってまたパニックになりそうになったら、誰かに依存したりする代わりに、自分の好きなこと、やってて気分が良くなることをなるべくやってください」
とのことでした。

「なんだ、それなら今やってる作曲とかを続けてればいいのか」
と思って、僕が普段やってることは間違いではなかったのだな、と少し安心をした。



とりあえず僕の場合は、鬱症状を軽くさせることが先らしいです。
鬱症状が軽くなってから、カウンセリングで「考え方」の矯正をやっていったり、自分で認知を変える訓練をする手伝いをカウンセリングでやりましょう、ということだった。


僕が今回、カウンセリングを受けて、大きな収穫を2つ得た。



「鬱症状を改善させてからまたカウンセリングに来るように」と言われたから、僕は
「僕は嫌な考えやつらいことがあったら、カウンセリングに来て相談をしたいのですが」
と伝えた。

そしたらカウンセラーさんは
「それならつらいことがある度に、ここに来る必要が出てきます。カウンセリングに来て相談した日はスッキリした気分になるかもしれませんが、それでは何も解決にはなりません」
と言いました。

その通りだな、正論だなって思った。
「自分で解決できる力を身に付けることが必要」
これが収穫の1つ目。



そしてもう一つの収穫は、対話の中でカウンセラーさんから言われた一言でした。


「あなたはこれからどうしたいですか。どうなっていきたいですか。」


僕はその時は、特にこの言葉は何も思わなかったんだけど、帰って翌日になったくらいに僕の中でハッとした。


病んだり、嫌な思考が脳内を駆け巡る時、
「僕はこれからどうしたいんだろう。どうなっていきたいの?」
って自問すると、
「こんなことしてらんねえわ。こんな考え、いつまでも持っていたくないや」って思えた。

そしてなるべく自分が楽しいと思えることや、没頭して考え事なんてできなくなるようにした。



カウンセリングを受けてる時、この問いに答えられなかったんだよね。
自分がこれからどうしたいか、なんて考える余裕がなかったというか。よくわからなかった。


今、ただ言えることは「前みたいなあんな人生はもう懲り懲りだな」ということ。だからこの思いををよく思い出して生きてる。





あ、Rから返信がきてる。また依存して病みそうだ。そうならないように、カウンセリングから帰宅した日から、なるべく自制してる。



「僕はこれから、どうなりたい?」






さあ、今日も暇な時間を作らないで、忙しくするぜ。

最悪だ

お酒飲まなきゃよかった。お酒飲んだら完全に外れてしまっておかしくなった。
またトラウマになるようなこと起きちゃった。


もう見るつもりなかったのに彼女のブログ見てしまった。
男と遊びまくってるみたいだった。

「大きすぎるちんこは痛かったなあ」とか書いてあった。
僕に対する嫌がらせだろう。


めっちゃ死にたくなった。クソ女死なないかなって思った。

どこまでもクソ女だなって思った。くそ

やっぱダメ

今日は調子が悪い。本当にどうなってるねん笑
昨日の僕はどこへ行った。


多分だけど午前中のカラオケが良くなかった。あとRのせい。


いろいろ文章書こうと思ったけど、不安に押しつぶされそうなのでここでやめる。薬飲むかも。やばいなこれ

そう上手くはいかない

昨日はやっぱ調子がよかっただけなのかな。

頭の中がモヤモヤしてる。眠たいのかな。眠たいや。
最近、近所で家がたくさん建ててきてある。増税前だからとか関係してるのかな。

音がとてつもなくうるさい。感覚過敏には堪える。耳栓をつけた。


昨夜は、Rさんとやり取りをしてました。
昨夜は、というか「昨夜も」か。僕の依存相手。

ただ本当に相手がめんどくさくなってる。
「居なくなる詐欺」をずっと繰り返してる。

「もういい」「さようなら」が得意技。
そう言ってきて連絡が途絶えたあと、何事もなかったように現れる。ゴミすぎる。

なので昼間に怒った。僕の依存相手がいなくなってしまう覚悟をもって言いました。だけど言葉はかなり選びました。
一応は納得してくれたみたいで、相手は謝りました。ただ、これからもずっとこれは続くんだろうなと僕は思ってる。人ってそういうもの。


なんかイライラするな。
絶望や、悲しさ、といった感情には対処できるようにはなってきたけど、怒りはなかなか対処が難しい。


朝起きたらRがクソすぎてイライラしたし、
朝からカラオケ行ったら、Rのせいで料金高いほうでルーム代取ってしまったし(人のせいにしたくなる)。

何かイライラしてる時にやってしまった言動は、イライラさせた相手が悪いとか思っちゃう。
くそだよ。


帰宅したあとは、自分が潔癖症であることにイライラしてた。たぶん潔癖症だと思う。基準がわからないから何とも言えないけど。
潔癖症の基準って何なのだろうと思ったけど、本人がそれで困ってるかどうかなのかなとか思ったり。

うちの頭のおかしな祖母は、潔癖症でアスペだけど、めっちゃ人生楽しそうだもんな。他人を不快にさせる代わりに自分は幸せそうだ。殺したくなるよな。死ねばいいのに。

祖母とかかなり頭おかしいんだけど、自分の感覚こそが正しいと思ってるから、そもそも潔癖症だなんて思ってないし、そんなことに困ってない。他人に強要してくるし、自分が正しいと思ってる。



話戻るけど、僕は潔癖症なのだろう。少なからずストレスを感じてるから。というかストレスだ。
なんでこんなふうになったのだろう。昔はそんなに潔癖症ではなかったと思うんだけど。家族が気持ち悪すぎたから、彼らと同じものを使いたくないっていう気持ちからなのか。祖母や頭のおかしな家族に洗脳されたからなのか。


午前中にカラオケ行った時に、お店のコップを使ってドリンクを飲むということにすら抵抗があった。みんなは抵抗ないのだろうか。
だって気持ち悪いじゃん、普通に。

歌ってて疲れてきたから、カラオケルームのソファに横になりたかったんだけど、これ汚いよなとか思って抵抗があった。
それでも横になれたし、ドリンクも飲めたので、病的なまでではないんだろうけど、なんかストレス。


「何が正常で何が異常なのか」というのが、本当にわからない。頭のおかしな家庭に育ったから。
僕はいつも「これって正常?異常?」という問いをしてしまう。でも答えなんてわからない。カウンセラーさんに聞いてみたいなと思ったりする。
何の役にも立たない精神科医(主治医)ならきっと「そんなの誰でもあります」って、いつもの調子で言うんだろうな。きもちわる。


カラオケから帰ってきてから眠たくなったんだけど、ベッドに横になることがとても抵抗があった。
外から帰ってきて、汗もかいてて、カラオケのソファとかに体がついてたってのもあって、僕の体って汚れてないのかな?って思って。

これも潔癖症なのかなって。
よくわからない。何も考えずに布団の中でゆっくり午後を過ごせたら、どれだけラクだったのかなとか思った。

やきもきしながら、部屋着に着替えて、ボディーシートで少しだけ体を拭いて、ベッドの上で本を読んだりして過ごした。


そんなことばかり考えていたので、頭の中がモヤモヤしてた。
外からは家を建てる音でうるさいし。


生きづらいなと感じる。
カウンセリングに行きたいけど、もう前回との相談内容が変わってしまう。
そしてカウンセラーさんにやってくるように言われた課題は、一応やったけどモヤモヤするだけの結果になったし。

プリンターで印刷しないとかな。めんどくさいな。一応、書き出したことをカウンセラーさんに伝えないとか。


てか昨日の僕は、もうカウンセリングなんて行かなくていいやって思ってたんだけどね。気分が晴れてたから。
まだまだ不安定なのだ。それも伝えたいな。それを伝えることすら不安定だから忘れそうだ。



話がまとまりません。でもこれがデフォなので。
またね

人は変わればいつだって邪魔をしてくる

目まぐるしく変化していく日々。
逆に言うと、今まで僕はどれだけ変化をしてこなかったのだろうと感じる。


彼女と別れて、絶望をして、今まで感じたようなことのない感覚になった。


いわゆる「底付き」体験を僕はしたのかもしれない。
彼女と別れたのが底付きになったというよりかは、そのあとの出来事だと思う。


自分の感情の処理のできなさ。
対人関係の不安定さ。
誰とも心を通わせられていなかった絶望感。
何をしたって解決できないという現実。


とことんまで苦しんで、解決策を求め続けた結果、それは「解決できない」ということが心の底からわかった。


インターネットで依存相手を見つけても。
精神科の主治医に相談しても。
親に相談しても。
保険のきかない高い料金のカウンセラーさんに相談しても。
たんさく本を読んでも。



僕は諦めた。

その代わりに感情を味わい尽くしました。
つらい感情を。


一つ分かったことがあったんだ。
僕今までこういう感情からずっと逃げてたんだよね。否定的な感情からずっと逃げてました。感じたらいけないと思ってました。感じたらつらすぎて死ぬと思ってました。でも死にませんでした。

つらすぎて死にたくなってた。それならこの感情に殺られて死のうと思った。本当に死にたかった。どうすることもできないから。僕は独りだから。何もできないから。価値がないから。人生がつらいから。孤独だから。誰とも繋がれないから。


否定的な感情をそのまま感じるようにしました。
こわかった。でも死にませんでした。







人生がつらすぎてた時にいろんな本を読みました。
これはいわゆる、「マインドフルネス」や「暴露(曝露)療法」と言われてるものなのだなって、自分で実践したあとに気づいた。


話ちょっと変わるけど、僕痛いのがすげえ苦手なんだわ。
注射とかさ。
でも前に注射やる時に、敢えて注射してる時の痛みに注視してみたんだよね。

「うおお、くそいてえ。針が入ってる。ぐあああ」
って。内心笑いながら注射をしてた。


この人生のつらさは、僕にとって全身から針で突き刺されてるような感じでした。
だから僕は敢えて、その痛みを全身で感じました。


注射が終わったあとに、
「そんなにつらくなかったわ」
と思えるのと少し似ているのかもしれないと思いました。


僕は少しだけ成長したのかもしれません。



こんなこと思えるのは、ただ僕が今軽い躁になってるだけのかな。ただそういう気分なのか、わからない。
つらすぎた後は、いつも気分が上がるからね。緩急で。


それでも最近、そんなことを感じたよっていうメモ。


こんなこと書いてるけど、さっきネットで依存してる人がクソ病んでてその人の対応してるのがクソだるくて僕の依存相手がいなくなっちゃうなあ、とかクソみたいな気分になってたんだよね。これからどうなるんだろ。困ったなあ。嫌だなあ。はああ〜

僕が病んでて相手に寄りかかってくれてたほうが嬉しいらしい。依存相手にそんなことを言われた。めんどくせえぜ。


今日あんまり眠れなそうなんだよね。珍しく昼寝をずっとしてしまって。つら。定時の起床就寝はアスペの僕にとって重要なんだよ。




よくなるといいなあ。いろいろと

前の記事へ 次の記事へ