逢魔時奇譚【32.5話(9)】
「青野隊長レベルのはしたお金程度など、名家射手園家のわたくしの1ヶ月のお小遣いにも満たしませんのよ?ですから青野隊長や他の殿方へ金銭目的でお付き合いなど絶対致しません。ご両親を亡くし孤児となり孤児院出身の貴方がどれだけビンボーかも分かっていてもわたくしは貴方に惹かれましたのよ?それに、わたくしは貴方に7年間もずぅっと片想いをしておりましたの。早々嫌いになどなれる筈がありませんでしょう?貴方がわたくしを嫌いになってもわたくしは早々貴方を嫌いにはなれませんの。残念でしたわね、わたくしからはもう離れられませんわ。わたくしの我儘にずぅっとお付き合いして頂きましてよ?覚悟なさい、せー君」
頬を赤らめながら、初めての呼び方をしてそう言ったれいなを聖弥はキョトン…としばらく見つめてから…ぎゅーーー!
「ぎゃあ?!やっぱりこうなりますの!?」
「やっと呼び方変えたな」
「だ、だって貴方がそうしろと仰るから!」
「つか、なーにほざいてんだよ。俺がれーちゃんを嫌いになる?ワケねーだろ。覚悟しろ?上等だろ、一生我儘に付き合ってやるし」
「も、もうっ!そそそのようなお恥ずかしい事を恥ずかしげも無く申すのはおやめなさいっ!」
「何でだよ?付き合ってンだからイーじゃん」
「で、ですけれどわたくしは貴方が初めてですから恥ずかしいのですわ!!」
「あー。そうだったな。れーちゃん初めてだもんな。んじゃあ銭ゲバ浮気女に今度またあんな事言われねーように、キスくらいしとくか」
「ふえっえ?!手が早いのではっ?!ややややっぱり、せー君貴方は女性なら誰でも宜しくって!?」
「は?何言ってんだよ。れーちゃんを好きだからしたいんだろ」
「ふえっ…」
「けどれーちゃんは付き合うのも初めてだから、まだ無理っつーんならしねーから。ぶっちゃけ無理だろ?キスっつったられーちゃんかなりキョドってたし」
「ご、ごめんなさい…。けれど!決して貴方をどうこうという理由ではありませんのよ?ただ緊張をしてしまって心の準備ができていないからですの!ですから、準備ができるまで、恋人らしい事は待ってくださる…?」
「トーゼンだろ。れーちゃんと居れるだけでイーし」
「ありがとう聖弥」
「違くね?」
「うっ…。あ、ありがとう…せ…、せ…、せー君」
「オッケー」
「うぅ…」
ーー聖弥と仲睦まじい恋人になる事が7年もの間ずっと夢でしたけれど…けれど!いざ恋人になり尚且つ聖弥が別人のように優しいと、恥ずかしくて顔から火を噴きそうですわ…!!ーー