逢魔時奇譚【26話(5)】
「あ。やばっ。任務の集合時間になる!行こ行こ!」
ガタガタと椅子から立ち上がり、美園と姫子が図書室から出て行く。
「あっ」
出る際、入ってきた聖弥と鉢合わせた美園はニコッと笑み、手を振りながら脇を去る。
「またね聖弥君」
「…おう」
一方、姫子はクスクス笑って去って行くから、聖弥はキョトン。