終焉のアリア【42話(8)】
金色の光々しい光が辺り一帯に広がった。
「この光…!」
「そう。よく分かったねぇ。小鳥遊流奥義、桜花昇天!!…だったかねぇ?!」