逢魔時奇譚【16話(5)】
背を向けさっさと教会へ歩いて行く聖弥。
「ちょっと!お待ちなさい聖弥!?そこは駆け降りてわたくしを抱き上げて丘を登るところでしょう!?」
「ほざいてろチビ」
カチン!れいなは顔を真っ赤にして怒り、ロングスカートを両手で持ち上げると…バシャバシャバシャバシャ!!
「うおおおお!ですわ!!」
「?!」
水飛沫を上げ、水溜りの水が跳ね返っても気にせず駆け上がり出したれいな。聖弥は目をギョッとして振り向かざるを得ない。
「んなっ?!お前何やって、」
「うおおおお!!きゃあっ?!」
ツルッ!と滑ってしまい、思わず…
■毎日沢山拍手をありがとうございます。本当に支えになっております…!