症候群本編【73話】
「ほう。もしやそれはエリザベス女王陛下か?」
「えっ何で分かったんすか!正解っすよ!だから俺ずーっとエリザベス女王に一途なんです!あ。もしかしてロゼッタさん初対面なのに俺の事をバッシュって呼んだのって、エリザベス女王から俺の呼び方を聞いていたからとかっすか?」
「聞いていたからとか、じゃ」
「えー!マジっすか!冗談で言ったのに!それマジっすか!嬉しくて死にそう!まさかエリザベス女王が、まだガキだった俺の事覚えててくれたなんてこれは運命以外の何ものでもないっすね!ロゼッタさん!俺達の恋のキューピットになってくれませんか!?」
「死んでもならん!!」
顔を真っ赤にムキになってバッシュの方を振り向いたロゼッタ。
「?」
「…ハッ!」
ーーなっ、なななぁ?!私は何故こいつ如きにこんなにムキになっておるのじゃ!?くそーー!体が熱い!イライラする!何故じゃ!?べ、別にこいつの事などどうも思っとらん!!こいつが、女子(おなご)とくっつこうが、私には何も関係無いじゃろう!?なのに…なのに!!くっそーーーーー!!ーー