終焉のアリア【修旅43】
ライト「圭はさ、人肉の中でどの部位がいっちゃん食い易いんだっけ?」
ケリー「目玉・・・。見た目グロいし食感キモイけど味あんまないし・・・」
ライト「オッケー。本当は今から殺る人肉はエリちゃんへの供物だけど、エリちゃんに内緒な。じゃあお前用に目玉持ってくるからちゃんと食えよ」
ケリー「うん…」
ハルク「圭。ちゃんとおとなしく待ってろよ。万が一目が覚めた雨岬が、部屋に誰も居ないと怪しむだろ。何かあったらすぐ俺かライトに電話して」
ケリー「分かった・・・。・・・明日一緒に海泳ぐんだから…ライト・・・ハルク・・・気を付けてね・・・」
ライト「了―解ッ!」
ハルク「すぐ帰る」
ライトとハルクはホテルの渡り廊下の塀から外へ飛び降りると、深夜の沖縄の街へ人肉を捕獲する為向かった。パタン・・・、2人を見送ったケリーは部屋へ戻る。
ケリー「ふわぁ〜・・・変な時間に起きたら眠いなぁ〜。あいつらが帰ってくるまでちょい仮眠しよ〜っ」
■拍手ありがとうございます!全くスマホなれずサイト更新できません泣)とりま此処だけでも更新を!