終焉のアリア【修旅39】
アリシア「あァ?!その声ライトかよ!?こんな遅くに電話かけてくるんじゃねぇ!!デートォ!?お前みたいな女好き電気野郎となんて来世も再来世もさいねぇからな!!死ね!!」
キ――――ン!!通話相手はキティかと思いきや、同じイーヴィル隊の男勝りなアリシアだった。キティに電話をかけた、とライトに嘘を吐いたケリーは本当はアリシアに電話をかけていたのだ。
ケリー「ごっめ〜ん☆ミスってキティじゃなくてアリシアにかけちゃってた〜☆可愛いから許して〜☆(ライトのあの鼻の下伸ばした顔チョーウケた〜!アリシアにかけたのはわざとだよ〜ん。騙されてやんのバーカ!笑)
ハルク「俺寝て良い?」
ケリー「え〜修旅なのにもう寝んの?イーけど〜つまんない〜」
ライト「サッキ―・・・あいつらいつもあんな漢字に俺をいじめるんだよ…サッキ―からも何とか言ってよ…」
空「肩掴むなっつーの・・・。つーか俺お前らと友達じゃないから口出しできる身分じゃないし」
ライト「辛辣ッッ!!」
ケリー「おやすみ〜」
ハルク「zZZ」
ライト(泣)
ベッドへ入る4人。空はスマートフォンのLINRで鵺と会話をしていた。
花月【鵺らよ!!俺、すまほ?もってねぇすけ花月の借りてるろも!雨岬、修学旅行楽しいけ?】
空【まあ。それなりに。】
■スマホ全く使えずpcで台詞打ってからスマホで投稿してる為更新遅くてすみません…まじで使い勝手悪くて変えなきゃよかったわ…(泣)