終焉のアリア【E.D.B512】
飛行機内――――――
アリス「で。この飛行機で日本へ行けるってワケか」
ファン「そうだ」
アリス「しっかし他人を過去へ送り込むなんざ何つー能力持っていやがんだよあのクソ女。つーか俺らどうやって現実世界へ帰るんだ?」
ファン「さあな。だが今はまず日本へ向かうのが先だ。MADが侵略したこの過去がどこまでどう変わるかは分からない。恐らく過去は大きくは変わらないだろうが、私とお前がこうして会っている時点で過去が変わっている。万が一この世界で死ぬ場合があり、それが現実世界にまで影響を及ぼす事があり得たらまずい。だからまずは一刻も早く日本へ向かうべきだ」
アリス「だな。お前の所へは月見が迎えに来たんだったか?」
ファン「ああそうだ。アリス。お前の所は?」
アリス「…さあな」
ファン「?何だ。はぐらかす必要は無いだろう」
アリス「迎えに来る奴の基準ってどうなっているんだろうな」
ファン「何だ突然」
アリス「いーや。何でもねぇよ。つーか俺はあいつとは会ってねぇけどお前は?」
ファン「私も同じだ」
アリス「チッ。クソが。じゃあ日本で月見達の安否確認したら、あいつを迎えに行かなきゃじゃねぇか!ったく。世話の焼ける野郎だぜ」

日本、千葉、小鳥遊邸――
遠方からはMADが侵略した事による爆発音やサイレンひっきりなしに聞こえてくる不気味な夜。2年前と全く同じ。それもその筈此処は2年前の過去だから。
MAD侵略をきっかけに自分達は小鳥遊家の子供だという事、きょうだいの事を思い出した月見、風希、鳥が廊下に集まっている。彼女らの両親も、彼女らが自分の子供だという事を思い出した…が、今度は何故か花月の事を忘れてしまっている両親。
月見「わたくし達は小鳥遊家の子供という記憶を取り戻して、こうしてお家へ帰ってくる事ができましたけれど…わたくし達を迎えに来てくれていた花月がどうして居なくなってしまっているのでしょう…?どうしてお父様とお母様は花月を忘れてしまっているのでしょう…!?」
■うおぉ…!普段に増して沢山の拍手ありがとうございます!お陰様でやる気が出ます!!物語がよく分からなくなってきていてすみません…