終焉のアリア【E.D.B436】
來斗「つーか何今の?お前ら見たっしょ?!あのメガネクン彼女と登校的な!?ヤバくね!?まだ中学っしょ?!」
圭「フツーじゃん。今時小学生でも彼氏彼女いるってネットに書いてあったし〜。中学ならフツーにヤってる奴らも居るじゃん。鈴木とか武田とか自慢してんじゃん。お前知らないの?」
來斗「マジで!?(滝汗)じゃあチョー可愛真咲ちゃんとメガネクン朝帰り登校的な?!ヤベェーー!!俺ら男3人で遊びまくってる場合じゃないっしょ?!俺は今日の体育祭、赤組応援団長で目立ちまくって初彼女ゲトるから!お前らとはオサラバな!」
圭「どんだけ彼女欲しいの?ボクは女子とチューとか突っ込むとか面倒いから無理〜。てゆーか"赤組応援団長は波瑠久君が良かったよね〜"って女子達が言ってたよ」
來斗「俺どんだけ嫌われてんの?!(泣)」
圭「女子とのLINEで既読されても返事無いと催促するキモいゲボ野郎だからじゃん?」
來斗「言い過ぎだろ!(泣)」
圭「てゆーかお前が団長だと応援歌も衣装もミルフィ仕様なのチョーウザいんだけど。公私混合やめてくんない?」
來斗「♪アイドルだってぇ〜こっそり〜内緒のデートをしてみたいの〜だって私はぁ〜フツーの女の子だもん〜♪」
圭「歌うなキモい。耳が腐る」
波瑠久「あ。サングラスあった。無くしたと思った」

ドタドタとグラウンドへ走って行く3人。空だけは悲しそうに3人を見送る。
関「サッカー部の奴らかぁ〜…。はぁ…良いよなぁ。野球部の俺と違ってサッカー部はスクールカースト上位だから応援団になれてさぁ〜…。俺もサッカー部だったら女子にモテる率高しな応援団になれたかもなぁ」
空「……」
関「おい!雨岬!いつもみたいに冷徹に"無理だろ"ってツッコミ入れろよ!今日のお前静かで不気味だぞ!(汗)」
真咲「関君もそう思う?今日の空やっぱり元気無いよね」
関「つーか。サッカー部の奴らが言ってたみたいに。雨岬と藤代ってどこまでいってんの?(笑)」
真咲「〜〜///(赤面)」
空「……」
関「この期に及んでも無反応かよ雨岬!」
■拍手ありがとうございます。微妙に表情と台詞変わってる箇所もありますがほぼ繰り返し場面です…終わる迄少々お待ち下さい…。
高校時代応援団幹部やったんですが私達は男女共に法被+さらししてたからこいつらもそれにしたという…。どーでもいいかもですが歌はキモノジェットガールやりました。スポーツ得意で勉強できない馬鹿なので体育祭大好きなんです!