終焉のアリア【E.D.B406】
グラウンド――――
楓「お兄ちゃんの赤組応援歌がミルフィの歌だったなんて知らなかったー!お兄ちゃん教えてよねっ!体育祭までに私がお兄ちゃんに踊りをマスターさせたのに!」
結局体育祭へ友達の綺羅々(波瑠久の妹)とやって来た楓は上機嫌でミルフィの曲を踊る。
空「ミルフィって誰。アイドル興味無いから知らないし」
楓「中学生でミルフィ知らないとか…お兄ちゃん…お爺さんみたいだよ…」
綺羅々「あっ。あれ私のお兄ちゃんだよ」
楓「何処何処??」
綺羅々「応援団の一番左」
楓「あっ分かった!綺羅々ちゃんと似てるね!」
綺羅々「そうかな。波瑠久お兄ちゃんかっこ良いでしょ。毎年バレンタインにチョコ食べきれない程貰うんだよ。それに優しいしスポーツ万能で自慢のお兄ちゃんなんだ。超馬鹿だけど」
楓「私のお兄ちゃんだってかっこ良いもん!!バレンタインにチョコ沢山貰うから分けてくれるし!お誕生日プレゼント毎年くれるから優しいし!スポーツ万能だし!頭も良いんだからっ!自慢のお兄ちゃんだもん!!」
綺羅々「はいはい…分かったよ楓ちゃん…」(相変わらず負けず嫌いだなぁ…。ここは私が引かないと…)
空(でかい声で何話してんだこいつら…)
楓「お、お兄ちゃんっ」
空「ん?」
■拍手や閲覧毎日ありがとうございます!!