タイトルなし

逢魔時奇譚【30話(36)】
最上階、元帥の間ーーーーー
「れいなよ。よくやったのぅ。お前のお陰で神堂が目を覚ました」
「さっすがだねれいな様☆」
「本来なら神堂の事を任されたあたしの役割だったんだけどなぁ、あたしじゃあ無理だった。サンキュ〜お嬢☆やっぱりお嬢はすごいなぁ〜」
「ありがとうございます!お祖父様!横田隊長!邑楽隊長!」
「今後も神堂の監視を頼むぞ」
「承知致しましたわ!」
褒められ嬉しくて、満面の笑みで敬礼をするれいなだった。

廊下ーーーーー
カツン、コツン…今はまだトーナメント中な為、いつもエクソシスト達が行き交う本部内も今日は静かだ。れいな1人分の足音が響く。
「♪」
ーー試合ではダメダメでしたけれど!聖弥の処分危機を救いましたわ!これは試合に勝利を収めるよりも高い功績ではありません事!?お祖父様も喜んでくださいました。何より、聖弥がわたくしの声掛けで目覚めた事がとても嬉しいですわ!わたくしを何度も助けてくださった聖弥に恩返しをする番ですの!これからも聖弥を助けていきましてよ!れいな、ファイト!ですわ!ーー
「れいな」
「はひぃっ?!聖弥!?」
ビクゥッ!!1人だと思っていた廊下。背後から音も無く現れた聖弥に挙動不審に驚いてしまった。
「ビビり過ぎだろ」
「貴方が突然現れたからでしてよ!?…あ。聖弥その…ごめんなさい…。わたくしのせいで敗戦してしまい…。お祖父様からお聞きしましたわ…部隊対抗トーナメント戦の勝敗は隊長達の評価に大きく関わると…。貴方は奮闘し、わたくしを庇ってくださったというのに、わたくしのせいで敗戦してしまい…」
「あ?ンなのもう過ぎた事だし」
「けれど…」
聖弥はれいなから目線を反らす。
「そんな事どーでもイーんだよ。それじゃなくて。あのさ。さっきの話なんだけど」
「さっきの話…とは?」
「だから…」
「おー疲れー神堂隊のおー2ーりさーん」
「!」
「…?」
男性の甲高い声がして、2人は顔を上げた。

タイトルなし

逢魔時奇譚【30話(35)】
「サタンの力に飲み込まれ欠けるようなポンコツ聖弥君と別れて大正解だったなぁ💖青野隊長なら絶対そーんな事にならないもんね💖だから聖弥君はそろそろ"エリート"を自称するのやめたら?付き合ってた頃から思っていたんだけど、聖弥君の自意識過剰なところはっきり言ってうざキモいよ💖」
ぱっ☆と顔を上げた美園は全く気落ちも反省もしておらず。
「!?」
恋人の青野を見つけるとパタパタと駆けて行く始末。
「あっ💖青野隊長だ〜💖隊長〜💖」
「三森てめぇ!!ふざけんじゃねーぞ!銭ゲバ女の分際で!!」
「コラ美園〜!?さっきあたしと、神堂に、れいなお嬢の事を謝る予行練習をしただろう!?戻って来い〜!美園〜!?」
2人の事など無視をして青野に抱き付く美園。
「お疲れ美園。予選通過おめでとう」
「ありがとうございます青野隊長💖」
「万が一美園の部隊とあたる事になったら困るなぁ。私には可愛い美園を攻撃などできないからね」
「きゃあ💖私もですぅ〜💖」
「あンのカマトトぉ〜…!!」
「すまん神堂…。隊長のあたしの責任だ…。美園の分、謝罪しよう…。試合中、美園がお嬢ばかり執拗に攻撃をしてすまなかったなぁ…」

祓本部内、廊下ーーーーー
「小梅…ロン…。いくら催眠術にかかっていたとはいえ、お2人を攻撃してしまい申し訳ありませんでしたわ…。こんな不出来なわたくしですけれど、神堂隊の仲間としてまた接してくださいませんか…?」
「全然平気平気ー!もう忘れてたわよ!れいちゃん気負っちゃダメよ?本当は勝ったら〜だし負けちゃったけど、今晩はきっと隊長が高級ホテルディナーを奢ってくれるから、神堂隊の皆でお疲れ会をパァーッとやって嫌な事は忘れちゃいましょ!」
「あ?やんねーよ、そんなもん」
「はぁ!?今のは"そうだな!"って親睦を深める場面ですよ!?」
「だって負けたじゃねーか」
「勝ったら、の約束でしたけど、今のはドラマなら"奢ってやんよ!"って隊長が言う場面です!!」
「言わねーよ。つか、勝ったとしても奢るつもり無かったしな」
「嘘つきーー!!」
「城ヶ崎お前ちゃんと聞いておけよ。俺は"…勝ったら高級ホテルディナーかもな"っつったんだぜ」
「嘘つきー!詐欺師ー!ペテン師ー!サタン野郎ー!!」
「小梅さん落ち着いて下さイ!」
ムキーッ!と怒り暴れる小梅を、やはりロンが背後から腕を掴んで止める役割なのだった。
「あ?何処行くんだよれいな」
「わたくし、お祖父様に呼ばれておりますから行ってきますわね」
「おう」

タイトルなし

逢魔時奇譚【30話(34)】
「実はな、あたしは元帥から"神堂の武器を破壊せよ。それを受けて怒り心頭した神堂がサタンの力を解放するか否か試したい"と直々に頼まれていてなぁ。悪いが、試させてもらっていたワ〜ケよ。だからって壊して悪かったなぁ。あたしだって大切なChildren達を壊されたらブッチするんだ、自分がされて嫌な事は他人にしちゃあいけないもんなぁ。すまなかったすまなかった。だから、サタンの力を解放してしまったお前が付けたこの傷はオアイコって〜事で無しにし、」
「怪我させてすんませんっした」
「?!!」
ポケットに両手を突っ込んだままだが、深々頭を下げて謝罪をした聖弥。そんな聖弥を邑楽はまるで恐ろしいモノを見たかのようにガタガタ震える。
「し、神堂おまっ…!お、お、お前っ…!」
「…ンだよ」
「お前…謝れるんだなぁ…!?」
「今迄どう見ていやがったんだよ!?」
「謝るといえば〜ほいっ〜☆おいで美園〜。お前から神堂に言う事があるんじゃないかぁ〜?」
邑楽は、俯いている美園へ手を向けた。
「…聖弥君」
いつも勝ち気な美園が俯いてばかりだし声がか細い。だから、彼女の言いたい事を察した聖弥は目を反らし、前髪を右手で掻き上げながら面倒くさそうに言う。
「私…」
「あー…。それなら俺じゃなくてアイツに直接謝ればイーから」
「…違うの」
「あ?じゃあ何を、」
■邑楽の傷テープを途中から描き忘れました…すみませんw

タイトルなし

逢魔時奇譚【30話(33)】
観客席ーーーーー
ゲシッ!ゲシッ!
「クッソ!クッソが!」
次の第6試合になど目も向けず、イライライライラしながら壁を蹴って八つ当たりをずっとしている聖弥の肩を掴んでロンが止めようと必死。
「隊長、壁に八つ当たりしてもぼく達の敗戦は覆りませんからやめま、」
「敗戦っつーな!!」
「ひぃい〜」
「…物に当たる人…って…子供以下…」
「悪魔憑きてめぇ!うぜぇその口、ドタマ諸共ぶっ飛ばしてやろうかァ!?」
「ですから隊長やめて下さイ〜!また暴力沙汰を起こしたら次こそ元帥達に処分されてしまいますヨ!?」
ボソッ…と呟いた奏に殴りかかろうとする聖弥の両腕を背後からガッシリ掴んで何とか止めるロン。すると、こちらも私服に戻った邑楽隊がやって来た。
「ヒャヒャヒャ〜。ま〜だイライラしてたのか神堂〜?相変わらずガキだなぁ〜。終わった事はもうどうしようもないだろう?過去を引き摺る男はかっこ悪いぞ〜!」
「そーそー!それに、そんなにキレてばっかりいたらハゲるよ聖弥っち!」
「その呼び方やめやがれ!!」
「姫子ちゃン〜!これ以上隊長を怒らせないでヨ〜!」
「マ〜ジー?だぁ君めんごー☆」
「時に神堂!お嬢の姿が見当たらんようだが、お嬢の前であたしにボロッカスに叩きのめされて遂に愛想尽かされたかぁ〜?」
「あァ?!アイツは関係ねぇだろ!」
「十字架を壊されて怒り心頭になりサタンの力を解放してしまうなんざ〜、あの時のお前はまるで、玩具を取り上げられた子供のようだったなぁ〜?今度から聖弥君と呼んでやろうかぁ〜?なぁ〜?玩具を壊されて癇癪を起こした聖弥くぅ〜ん?ヒャヒャヒャ〜☆」
「ぶっ殺す…!!」
ゴゴゴゴ…!怒りの炎が燃え盛る聖弥。
「ですからそういう発言は冗談でもやめて下さい隊長!真に受けた元帥に今度こそ処分されてしまいますヨ!?」
「冗談じゃねぇマジだ!」
「なら尚更ダメでス!!」
「な〜んて」
「!」
邑楽は聖弥の愛武器の巨大十字架を差し出した。十字架は修理されており、元の姿に戻っていた。
「お前の大切な武器を壊して悪かったなぁ神堂」

タイトルなし

ハイソックス買ってもらった☆足がちびだからキッズコーナーで買ったww靴と靴下はキッズコーナーで買う→ちびあるあるですねw
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー