タイトルなし

逢魔時奇譚【27話(18)】
「邑楽隊長!!」
この小柄でヘラヘラした女性は、美園と姫子が所属する邑楽隊の隊長・特級エクソシスト【邑楽 千鶴(オウラ チヅル)】27歳。発明と実験が趣味…だが99.9%の確率で失敗ばかり。因みに先程爆発した10階は邑楽隊の実験階でもある。ズルズルで長い白衣の袖口で美園をペシペシ叩く邑楽。
「ま〜ま〜〜10代からそんな石頭だと禿げるぞ美園〜〜」
「そーそー美園っち美人なのに髪無かったらさすがに美人とはもう呼べなくなるってー!」
「2人共真面目に!!今日のトーナメントで必ず優勝したいのですから!」
「まぁな〜〜優勝した隊の予算10倍に上げてもらえるしなぁ〜そしたらあたしの発明も今以上にバンバンできるからそりゃあ優勝したいわなっ!」
「予算を全て隊長の発明に使ったら邑楽隊は赤字です!!今でも隊長の発明失敗による爆発で壊れた本部の修繕費で赤字なんですよ!?この前なんて私の貯金から出したんですから!!」
「マジか!?それはダメだな!それを早く言ってくれなさいな〜美園〜!いくらだ?隊長が今返すからな〜!」
「50万です」
ピタッ…、財布を漁っていた邑楽の手が止まる。
「50万です」
大事な事なので2回言う美園。顔面蒼白冷や汗ダラダラの邑楽。
「…ス、スマン…。つ、次の給料日まで待ってくれぃ…」
「そんな事だろうと思いました」
はぁ…と溜息を吐く美園。
「優勝したらぁーアタイ焼肉食い放題行きたいでぇす隊長ー!」

タイトルなし

逢魔時奇譚【27話(17)】
「祓魔任務に無関係な発明ではなく、祓魔任務の為の発明をなさって下さい」
現れた少女2人。1人の茶髪でボブヘアーの少女は上級エクソシスト【三森 美園(ミモリ ミソノ)】19歳。
もう1人の金髪を派手に盛った巨体の少女は中級エクソシスト【一之瀬 姫子(イチノセ ヒメコ)】19歳。
「お〜〜!あたしの可愛い部下達よ〜〜!美園〜〜!姫子〜〜!グッモーニン〜〜!」
「うっひゃー!この爆発まーた隊長の発明ミスった系ですかー?マジパネェー!けどマジイカスー!隊長がーさすー!」
「だろだろ〜〜?」
「ウェーイ!」
パァン!とハイタッチする女性と姫子に美園は腕組みをして「はぁ…」と呆れている。
「今日はこの後全部隊総出のトーナメントですよ?その前にこの瓦礫処理をしなきゃいけないなんて、トーナメント前に疲弊したうちの隊はまた予選敗退してしまいます!」
「まあまあ〜そうカリカリすんなって〜〜せっかくの美人が台無しだぞぉ〜〜美園〜〜?」
「それは貴女がしっかりなさらないからですよ!」

タイトルなし

逢魔時奇譚【27話(16)】
気が済んだのかまた一瞬にして変身を解き、私服へ戻った聖弥は1人で廊下を走り去って行った。
「あ〜あ〜。完璧八つ当たりだなぁ〜アイツ。お空が丸見えだぞ〜っと」
聖弥が破壊した壁にはぽっかり大穴が空いてしまった。其処から見える青空を見下ろす女性。一方、青ざめているれいな。
「どどどうしましょう…!わ、わたくしったら照れ隠しの為とはいえ、思ってもいない発言をしてしまい聖弥を怒らせてしまいましたわ!聖弥は短気ですけれどあんなに怒った聖弥は初めて見ましたの!わたくしは聖弥にあんなに嫌われておりましたのね?はわわわ…!」
「ま〜本当に嫌いな奴にはキレないし、無感情だからなぁ〜〜。ほぉらよく言うでしょ〜〜?好きな子の気を引きたくてわざといじめちゃう〜〜って!だからクソ神堂があんなにブチギレたのは、れいなお嬢を嫌いだからじゃなくて寧ろ〜〜…」
走り去りながらも、様々な感情が混ざり合った聖弥の表情を横目で見る女性。
「っと。ここから先はあたしゃお口チャックだわな。とりあ〜えず〜」
むにゅっ、とれいなの頬を両側から持ち上げる女性。
「ふにゅっ?!」
「ツンデレお嬢とツンデレクソ神堂の為にあたしが良いクスリ発明してやるから!まぁ〜〜お嬢は嫌われたーなんて心配1ミリもせずに待ってなさいって〜〜」
「ふ、ふぇっ…?それはどういう意味で、」
「隊長」
「およ〜〜?その声は??」
カツン!足音と声がして、女性が振り向く。れいなも、女性に頬を持ち上げられてタコのような顔のままそちらへ目を向ける。

タイトルなし

逢魔時奇譚【27話(15)】
…しかし途端に笑顔が消え去れば、眉間にはビキビキ浮き上がる青筋。口角はヒクヒクつり上がり、目は思い切りれいなを睨み付ける。サタンの右目も相まって、聖弥は史上最恐に恐ろしい笑顔を浮かべていた。
「その日はお前の好きなボンクラとせいぜい遊び呆けて来やがれクソポンコツアホバカチビれいな!!」
「!?!」
ドガァアン!!
「きゃあ!?」
一瞬にしてバトルスーツへ変身して繰り出した巨大十字架で廊下の壁を思い切り叩き付けて破壊。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年09月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー